Rain Garden Plantsの販売

 雨の庭TMやグリーンインフラストラクチャーなどの低影響開発では、隣接する敷地や道路から流出する雨水管理のために、生物滞留域(バイオレテンション)を配置します。この、生物滞留域で利用することのできる雨水管理用植物について、JXDAはパートナー企業と協力し、販売ネットワークを構築しました。

 

 


個人邸の雨の庭TM
建物の縦樋およびレンガ舗装面を流れる雨水を導いてその場に浸透させる。

 

雨の庭TMの断面
雨の庭TMは調整済土壌、マルチ層、植物層の三層から構成されている。

 

雨の庭TMでの実験
(縦樋からの雨水流入&浸透実験および雨の庭TMの側面と底で変わる生長などの観察および経過モニタリング

 

 

パートナーのWebサイト:Rain Garden Plantsでは、上の図のようなバイオレテンション域での雨水管理に用いるRain Garden Plants(レインガーデンプランツ)の概要や利用法等を参照したり、植物したりすることができます。ぜひ、下のバナーからそれぞれのサイトをご参照ください。

 

 

Rain Garden Plants(販売部門)

 

 

 

Rain Garden Plants(植物詳細・利用法)

※上記サイトの取り扱い種類及び利用法などの情報は今後も拡充予定です。