植物と土壌の持つ4つの力

低影響開発は統合的な雨水管理である。そのために、植物と土壌の持つ浄化力を利用している。それは、汚染物質を取り込み、より害の少ない物質へと転換する作用である。その力は主に4つのタイプに分けられる。すなわち、ファイトボラティライゼーション、ファイトディグレイデーション、ファイトスタビライゼーション、ファイトエキストラクションである。それぞれの頭につくファイト(phyto)とは「植物」という意味である。

 

ファイトボラティライゼーションは主に揮発性の汚染物質を、ファイトディグレイデーションは有機汚染物質を、ファイトエキストラクションは金属や放射性核種を、ファイトスタビライゼーションはそれ以外の汚染物質を処理する。

 

4つのファイトの図式

 

phyotoremediation_wm

 

 

1+