環境新聞新連載2018.4~都市とレジリエンス

環境新聞紙上にてランドスケープアーキテクト小出兼久の「都市とレジリエンス」が2018年4月4日より隔週にて始まりました。大都市圏の発達に伴う光と影とはなにか。また気候変動や自然災害などに対応した都市計画に求められるものと … 続きを読む 環境新聞新連載2018.4~都市とレジリエンス

岡山ラボ:都市農業は転換点を迎えている

人は都会へと流れる。都市にはどんどん人が増え、自然がどんどん減っていく。身近な緑は姿を消していき、我々は花見や紅葉狩と称して行楽地まで出向かねば緑を堪能できない状況にある。これは日本古来の伝統で誇るべきものだが、一方で、 … 続きを読む 岡山ラボ:都市農業は転換点を迎えている

日本ゼリスケープデザイン研究協会は水保全のランドスケープを推進する特定非営利活動法人です。