土地の汚染とはなにか

大気汚染や水質汚染について話すと、得られる反応はより強くなる。これは、汚染物質による影響とその程度を、我々が非常にはっきりと見ることができるからである。自分が最初に見るものを信じるのは、通常の人間の心理学である。一方、土地の汚染はどうか。土地の汚染は悪夢の中で生きている。

 

 

我々はその影響を明瞭に見ることはできないかもしれないが、土地は常に汚染され、虐待されており、我々にはそこで発生した損害を計算することができていない。土地の汚染は、我々が一致団結して戦うべき重大な懸念の一つとなっている。

 

 

土壌汚染とは、人間の活動の結果引き起こされるもので、直接的または間接的な地表と土壌の劣化あるいは破壊を意味する土地汚染の一つである。人為起源の活動は開発を引用して行われるが、これは土地に大きく影響し、抜本的に、農業、植林、建設などの理想的な場所としての土地の品質や生産性を低下させる活動となる。そして我々が土地汚染を目撃することになるのだ。建設的に言い換えれば土地の劣化こそがすなわち土地汚染である。

 

 

土地の汚染は、何十年もの間無視されてきたが、近年我々が実現してきた一連の問題につながっている。不毛な陸地面積の増加と森林被覆数の減少は驚くべき割合に達している。さらに、人口の増加による市や町の拡大が、土地のさらなる開発につながっている。増加した土地の需要に対応するために、土地の埋立と再生が計画され実行されているが、これは、土地の更なる劣化、そして、埋め立てに用いた材料に起因する汚染につながる。また、緑による被覆が欠如しているために、土地は、その肥沃な部分を洗い流す浸食の発生など、いくつかの方法で被害を受ける。あるいは、地すべりさえ発生する可能性がある。

 

 

 

 

土地の汚染の原因

 

土地の汚染の原因は次のとおりである。

 

  1. 森林破壊と土壌侵食:乾燥した土地を造成しようとして行われた森林破壊は、土地の汚染にとって大きな懸念材料の一つである。一度乾燥した土地や不毛の土地に変換された土地は、その後にどのような規模の措置をとったとしても、決して肥沃な土地に戻すことはできない。

     

    土地の変換は、その土地が元来持っていた特性を特定の目的にとって価値あるものにするために変更したり調整したりすることを意味するが、これもまた別の懸念材料である。これは土地を非常にかく乱させる。また、一定の土地の無駄がある。何年も使用されていない土地は不毛になる。すると、こうした土地は使えないものになる。だから、より多くの使える土地を探そうとして潜在力のある土地が狩られ、その状態が続くことになり、土地自体が脅かされることになる。

  2.  

  3. 農業活動:人口の増加に伴い食料需要が大幅に増加した。農家はしばしば毒性の高い肥料や農薬を使って昆虫、菌類、細菌を作物から取り除く。しかし、これらの化学物質を過剰に使用すると、その結果、土壌の汚染と中毒が発生する。
  4.  

  5. 鉱業活動:採掘や鉱業活動中に、地下にいくつかの陸地空間が作られる。私たちは常に土地洞窟の噂を聞くが、これは鉱業や採掘活動の後に残された空間を満たす自然の方法である。
  6.  

  7. 混雑している埋立地:各家庭は毎年1トンのゴミを生産しているという。アルミニウム、プラスチック、紙、布、木材などのごみが集められ、地元のリサイクル機関に送られる。そして、リサイクルできないアイテムは、都市の美しさを妨げて土地汚染を引き起こす埋立地の一部となる。
  8.  

  9. 工業化:食糧や住宅の需要の増加により、多くの商品が生産される。その結果、処分する必要のあるごみが増えた。増加する人口の需要を満たすためにより多くの産業が開発され、森林減少につながった。研究開発は、毒性が強く、土壌汚染の原因となった近代的な肥料や化学物質のための道を開いた。
  10.  

  11. 建設活動:都市化のために、大量の建設活動が行われ、建造中の建物やオフィスの外には、肉眼で認識することができるほど大量の木材、金属、レンガ、プラスチックなどのゴミが生じた。
  12.  

  13. 核廃棄物:原子力発電所は、核分裂と核融合によって膨大なエネルギーを生産することができる。残った放射性物質には、人の健康に影響を与える可能性のある有害で有毒な化学物質が含まれている。それらは犠牲者が出ないように地下に投棄されている。
  14.  

  15. 汚水処理:汚水処理後、大量の固形廃棄物が残存するが、こうした残存物質は埋め立て地に送られ、最終的には環境汚染の原因となる。

 

 

 

土地汚染の影響

 

  1. 土壌汚染:土壌汚染は、土壌の上層が損傷した土地汚染のまた別の形態である。これは、化学肥料の過剰な使用や流水による土壌の侵食、害虫駆除対策の薬剤などによって引き起こされ、農業用地としての肥沃な土地や森林被覆の喪失、放牧用のつぎはぎの飼料地などにつながる。
  2.  

  3. 気候パターンの変化:土地汚染の影響は非常に深刻であり、生態系の喪失につながる可能性がある。土地が汚染されていると、直接的または間接的に気候パターンに影響を与えるのである。
  4.  

  5. 環境への影響:森林破壊が行われると、樹木による被覆が損なわれる。 これは、雨のサイクルにおいて急激な不均衡を招く。雨のサイクルの乱れは多くの要因に影響を及ぼす。 まず、緑による被覆面積が縮小する。樹木や植物は大気のバランスをとることを助けていて、もし樹木や植物がなければ、その他の生物との不均衡が生じ、地球温暖化、温室効果、不規則降雨、洪水など、さまざまな懸念にさらされる。
  6.  

  7. 人の健康への影響:有毒化学物質や農薬で汚染された土地は、皮膚がんや人の呼吸器系の問題を引き起こす。 汚染された土壌で食物や野菜が栽培されると、毒性化学物質は、我々が食べる食品や野菜を通じて我々の体内に到達することができる。
  8.  

  9. 汚染の原因:都市にある埋立地は、廃棄物の増加により増加し続け、後に燃やされて大気汚染につながる。また、そうした廃棄物はネズミなどのげっ歯類の住処となりやすく、それによって病気を伝染することがある。
  10.  

  11. 観光客にとっての魅力が半減する:都市の周辺を移動する際に、埋め立て地は美観を損ねるため、街は観光地としての魅力を失う。これは地域政府の税収の減少にもつながる。
  12.  

  13. 野生動物への影響:動物界は、過去数十年の間ずっと苦しんできた。彼らは生息地や自然環境の喪失という深刻な脅威に直面している。土地の上での絶え間ない人間活動は、土地を汚染したままする。これによって、動物種をより遠くへ移動させたり、新しい地域に適応させたり、適用しようとして死なせてしまったりする。種の中にはすでに原生地を失い絶滅寸前になっているものもある。

 

 

他にも、気温の上昇、季節はずれの気象活動、酸性雨などの問題に我々は直面している。陸上での化学物質の排出は、生態系にとっても危険である。これらの化学物質は動物や植物によって消費され、それによって生態系に侵入する。このプロセスは生物濃縮と呼ばれ、生態学にとって非常に深刻な脅威である。

 

 

土地汚染対策

 

  1. リデュース(削減:Reduce)、リサイクル(再資源化:Recycle)、リユース(再利用:Reuse)という資源再生に関する3つのRのコンセプトを人々に知らせる。
  2.  

  3. 農作業における農薬や肥料の使用を減らす。
  4.  

  5. ゴミにつながり、最終的に埋立地に入るので、梱包材の購入は避ける。
  6.  

  7. ゴミを地上に捨てたり、ゴミの処分は適切に行うよう注意する。
  8.  

  9. 生分解性の製品を購入する。
  10.  

  11. 有機栽培を行い、農薬を使用せずに栽培される有機食品を食べる。
  12.  

  13. 住宅地から離れたところにゴミ捨て場を作る。

 

 

生き物の中にはその土地の下で生き残るものもいるが、土地の汚染は土地の調和を乱し、彼らの生息地を混乱させている。すでにいくつかの生き物がオーストラリア・ギルバートのポトーのような絶滅の危機に瀕する状態になっている。

 

我々は土地を歩き、土地で生き残る。土地というのは文字通り、我々の生態系の基盤である。この土地の世話をして、それを育むことこそが、我々にとって良い関心事となることを願う。

 

0