雨の庭PDFファイル(~2015)

都市の生物多様性を増強する 2015.6.24更新
都市の生態系を豊かにするためにできることを簡単なイラスト図に。

 

雨水の移動先~雨の庭TM
雨の庭TMは大規模な都市計画を実現しつつ、流れや川さえも改善し保全する
米国のバージニア州アレクサンドリアの事例から雨の庭TMについて考える。

 

敷地上の浸透・ドライウェル・雨水樽
敷地に浸透させるとはどのようなことか。その利点と欠点。
ドライウェルの仕様などについて

 

雨水と緑の連携による”まちづくり” シアトル市の雨水低影響開発実践
従来のインフラの代替として急速に普及が進むグリーン・インフラストラクチャーとは、低影響開発や雨の庭TMの一部として用いられる、緑と土を用いた新しい雨水管理の方法である。その実践例として全米で注目をされた大規模再開発ハイポイントタウンの事例から、企画設計と行政が一体となったグリーン・インフラ政策、特に地方自治体がとるべき道と選択肢について概要を述べたものである。

 

 

● 雨の庭™のための流出のモデリング 2011.08.02
水質浄化法(CWA)のセクション319による点源汚染管理プログラムの助成金は、自治体の分離式下水道(MS4)へと排水される雨水流出の水質を向上させるために、オーロラ市に対しイリノイ州環境保護庁(IEPA)から発行された。

 

● 雨水を集める 2009.12.04
雨水を貯蔵する雨水タンク(貯水槽)は、通常、雨水集水システムにおける最も高価な構成要素であり、多くの種類と型を持っている。