雨を吸収しよう:キャンペーンポスターの無料配布

雨を吸収しよう Soak Up the Rain
この“雨を吸収しよう”は、米国環境保護庁(EPA)によるキャンペーンです。それは、市民や自治体その他の人々に、汚染された雨水流出の問題についての意識を高めてもらうことで、雨水流出から生じる高価な影響を軽減するべく彼らの行動を奨励することを目的とした、雨水のための公共のアウトリーチキャンペーンなのです。

-EPA-

 

 

JXDAは米国環境保護庁(EPA)によるこのキャンペーンを推進しています。EPAが作成した数々のポスター(+JXDA表示付き)は下の欄から無料でダウンロードすることができます。

 

 

雨を吸収しよう:雨の庭TM

 

雨の庭TMは、屋根や道路などから雨水を集めて地面に浸透させることを可能にする施設で、見た目はランドスケープされた窪地領域である。草や開花する多年草が植えられた雨の庭TMは、費用効果の高い美しい方法で、敷地から流出する雨を削減する。雨の庭TMはまた、流出水から汚染物質を取り除き、蝶、鳥その他の野生生物には食料や避難所を提供することができる。複雑な排水システムや改良土壌を整備された雨の庭TMは多くの場合、バイオレテンションと呼ばれている。※

 

 

雨を吸収しよう:グリーンインフラストラクチャーによる利益

 

雨の庭TM、グリーンルーフ(緑の屋根)、樹木の植栽および透過性舗装などは、雨を吸収するために使用される実践の例である。多くの場合、グリーンインフラストラクチャー(グリーンインフラ)と呼ばれるこれらの実践は、自然の水循環を模倣して雨水を管理するために、土壌や植物と浸透や蒸発、蒸散といった自然のプロセスに依存している。グリーンインフラは、多くの社会的利益や経済的利益、公衆衛生、および地域社会への環境利益などをもたらすことのできる、雨水管理をするための費用対効果の高い弾力的なアプローチである。※

※いずれも©EPA資料

 

 

sum-2016-green-infrastructure-poster-jxda
グリーンインフラストラクチャー(JPG)
グリーンインフラストラクチャー(PDF)
sum-2016-rain-garden-poster-jxda

雨の庭TM(JPG)
雨の庭TM(PDF)
sum-2016-green-roof-living-roof-jxda

グリーンルーフ(JPG)
グリーンルーフ(PDF)
sum-2016-green-roof-good-investment-jxda

グリーンルーフは良い投資である(JPG)
グリーンルーフは良い投資である(PDF)

 

 

0