アサイド

グリーンインフラストラクチャー

sw1407_66

自然がインフラでもあるという考え方は目新しいものではないが、それは今や、より広範囲な人々に真実であると理解されている。自然は、洪水や過度の熱から社会を保護し、人間と環境の健康を支えている空気や水の質を向上させるのに役立つなど、地域社会に重要なサービスを提供するために利用することができる。そのようにして、自然が人間によって一つのインフラストラクチャー(基盤システム)として使われる場合、それは「グリーンインフラストラクチャ―」と呼ばれている。

記事協力:EPA

雨の庭 Rain Garden

f_rain_g10img01

 

雨の庭TMとは(レインガーデン)とは、Rain Gardenの訳語である。それ味は雨水を管理する庭のことを表している。雨の庭TMは低影響開発と同じコンセプトに基づいているが、低影響開発が大規模な敷地に対応するのに対し、こちらは個人住宅などの比較的小規模な敷地にて行う。