雨水に対する責任

雨は大地に降り、川を経て海にそそぎ込む。建物や駐車場、道路、庭などに降った雨は、配管システムによって集められるまでは、高いところから低いところへという自然の流出経路をたどる。そして流出のさなか、オイルや粉塵などの自動車から出る汚染物質や動物の糞便、ゴミ、ちりを洗い流し、土壌浸食をもたらす。

 

雨水の流れに洗い流される砂利や砂、汚染物質といった異物は、結局は、大小の流れから大洋までのどこかに留まっている。そしてその多くは河川や海洋環境に害をなし、時には、我々の環境衛生面に危機をもたらす。洪水による土壌浸食は、土地そのものへ被害をもたらすだけでなく、時には、面源汚染をもたらし、長期的な環境被害をもたらす。そこで我々は、貯水池や公共の排水管に実験としてフィルターを設置し、我々の身近な雨水が流れになり海に流れ込むまでのどこかの過程で水質の改善を試みることを計画している。これには、下水に様々なゴミが流れ込むのを防止する役目も含まれている。このフィルターの設置の前後ではその違いが明らかになり、誰もが、個々の敷地に降る雨に対して責任をとる必要性を実感するだろう。都市の水質悪化は、生態系だけでなく生活用水の水質にも悪影響を及ぼすのである。

 

我々が雨水をよりよく利用し管理できるようにするためには、都市全域に及ぶ雨水流域管理の指図を作る必要がある。これは洪水と汚染防止に役立つ。同様に我々は、老朽化して漏水する下水管の水質汚染を減らすことにも協力しなければならないが、公共の雨水システムに責任と管理を求める一方で、誰もが自分の雨水に対して責任を負わなければならないことに、そろそろ気づくべき時期にきている。雨水流域管理は、行政や専門家に注目され、さまざまな試みが端緒に付いているが、これからはさらに、雨水政策に対する理解が市民に広く促され、各自が応分の負担を自覚することが求められるようになるはずだ。フィルターなどの器具、雨水浸透設備、住宅地などの開発計画への雨水管理計画の統合、雨水利用の方法に対して、各自が基礎的な知識を持ち実践することが、世界規模で行われていかねばならない。

 

 

雨水のもたらす問題

 

我々の身近な流れから大洋へと流れ込む雨は、環境を傷つけ時に私財にも損害をもたらす。雨水が都市にもたらす問題をまとめると次のようになる。

 

洪水
浸食
水質
資産管理

 

洪水

usui4温暖化による気候変動で集中豪雨が一段と激しさを増す中で、下水雨水管の対応能力を超えた一時的な雨水の大量流入は、地盤の低い場所や舗装面の多い都市を、洪水の危険にさらしている。今日の集中的な市街地開発は、屋根や道路からの雨水流出を増加させ、都市の洪水を著しく助長している。

 

 

 

浸食

erosion雨水が斜面を流れると浸食が引き起こされる。それを助長するのは、集中的な市街地開発による草木の損失である。根にしっかりと支えられていた土砂が雨の地表流出により、浸食され、土砂崩れ、崖崩れなどの被害が発生する。

 

 

 

 

水質

usui2水質の劣化は、都市に住む多くの人々にとって重大な問題である。飲料水の供給源の場合、それは健康に影響する。それ以外でも環境の劣化や破壊、生物生息地を破壊することにつながる。また、水質だけでなく水温の上昇も問題である。

 

 

 

 


資産管理

flood浸水による建築物への被害だけでなく、敷地への被害、ある特定地域への被害も資産価値を低下させる。誰が洪水が発生すると分かっている場所にわざわざ住みたいだろうか。

 

 

 

 

これらの問題について認識をしっかり持ち、対処に乗り出す時期である。理解だけが進むのでは不十分である。理解はできても自分達の地域とは関係ないと思っていては対策につながらない。我々の住む大地はどこまでもつながっている。

 

今日求められるのは、大局的な雨水管理のビジョンとそれを個々の敷地から実行していく各自の努力である。