バイオレテンション(生物滞留) 

バイオレテンション Bioretention

 

bioretention

 

バイオレテンションとは生物滞留(池)とも呼ばれる低影響開発の手法である。雨の庭の設計でよく用いられる。それは、蒸発散や土壤によって表面流出した雨水を吸収しろ過するために植栽された地域のことである。このデザインは、自然の水循環プロセスを模倣し利用している。

 

-元記事:2008.12月投稿 本サイト再掲2016.5月-