雨の庭 Rain Garden

f_rain_g10img01

 

雨の庭TMとは(レインガーデン)とは、Rain Gardenの訳語である。それ味は雨水を管理する庭のことを表している。雨の庭TMは低影響開発と同じコンセプトに基づいているが、低影響開発が大規模な敷地に対応するのに対し、こちらは個人住宅などの比較的小規模な敷地にて行う。

ランドスケープアーキテクチャーに雨水管理を統合するという意識改革

  屋根に降った雨は樋へと集まり、滑り流れ、地面に到着して外へと流れ出す。道路の傾斜に沿って水は流れ、屋根から噴出した雨はそこここで一緒になり、雨水管や下水管へと流れ込む。その途中で、道路にあった汚れや油、ごみ … 続きを読む ランドスケープアーキテクチャーに雨水管理を統合するという意識改革

ストームウォーターという言葉で語る雨水の問題

降雨システムについて学ぶ・環境教育のポスター(米国)   地球温暖化や異常気象が原因で降雨事象も変化している。しかしながら、降雨についてはそれ自体を分析して議論することよりも、降雨がもたらす影響を学ぶべきである … 続きを読む ストームウォーターという言葉で語る雨水の問題

日本ゼリスケープデザイン研究協会は水保全のランドスケープを推進する特定非営利活動法人です。