低影響開発とはなにか

低影響開発の目的

 

  1. 水質浄化
  2. 雨水流出の削減
  3. 雨水流出の一時滞留
  4. 自然の水循環システムの再構築

 

低影響開発とは雨水管理の方法であるから様々なやり方がある。そして、それらは単独で実践するよりも複数のやり方を合わせて実践する方が得られる効果が高い。しかし、必ずしも複数の実践をすべきものではない。つまりは状況に応じた実践の利用や組み合わせが重要である。その一例を下に挙げる。

 

グリーンインフラストラクチャー

雨水管理

雨の庭™

ゼリスケープ

イリゲーション(灌水)

屋上緑化

 

低影響開発と従来の雨水管理

 

現在広く一般的に行われている雨水管理がどのようなものであるかというと、それは、降雨を下水管や雨水管を使って輸送し、放流もしくは集中化した処理システムで処理した後に放流するという一元的な方法である。これに対して低影響開発とは、降雨自体を水源と見なし、敷地の隅々に降り注いだ雨をそのまま利用し、敷地レベルで雨水管理をする思想である。

 

低影響開発はどのように始めたらよいのか?

 

低影響開発による開発の原則は、1980年代半ばに、米国メリーランド州プリンスジョージ郡でバイオレテンション技術の紹介と共に始まった。LIDは、プリンスジョージ郡にとって、従来の降雨管理実践では日に日に大きくなってしまう経済的あるいは環境的な限界を解決してくれるパイオニアであった。LIDは、よりよい水保全収支、生長、生態系保護、公衆衛生の質などを達成するスマートな設計と先進的な技術を使うことによって、潜在的に環境負荷のない大規模開発を可能にさせた。今日、バイオレテンションはユーザーが利用できるLID技術のひとつである。透水性舗装、樹木BOXプランター、縦樋の分断などの技術は、ユーザーが汚染制御、流出量の削減、流出のタイミングの管理など数々の生態的懸念を処理するために役立つLIDによって設計された敷地を、すべて代表するものである。

 

なぜ低影響開発の技術を用いる必要があるのか?

 

低影響開発には、従来の降雨管理の方法と比べるとより多くの恩恵と長所がある。例えば、都市化の悪影響を解決するのにより経済的で持続可能であり、より環境的に優しい手法である。全敷地設計の中で流出をその発生源にできるだけ近いところで処理することによって、LIDは地域の環境を増強し、公衆衛生を護り、地域社会居住性を向上させる。そして、すべての開発業者と地元行政の予算を節約する。これ以上の方法はない。降雨プログラムは、幅広い範囲の複合的かつ挑戦的なエコシステムと公衆衛生が保全されることを必要とする、このための多くの目標は従来の降雨処理技術では合致するものがなく、地域社会は日々老朽化し、拡張し続ける降雨インフラストラクチャーに苦しんでいる。流域内ですでに開発された地区で如何に河川の水質を保ち続けるかは、中々難しい問題である。この問題の解決のために安易に不浸透性面積の削減や従来の拘留池に頼ることは可能ではなく、また、実践的でも持続可能でもない。しかし、LIDという手法ならば、地域の水循環や水域の変化を最小限に食い止めたり制御したりするための重要な鍵を供給してくれるのだ。では、次のページでは低影響開発の代表的な装置であるバイオレテンションについて見てみよう。