低影響開発の意味

ランドスケープにおける低影響開発の意味とはなんだろうか。
低影響開発はランドスケープにおいてソリューション(解決策)の役目を持っている。それは、地域の包括的な降水管理計画の一部を担うもので、その技術には以下のような実践が含まれている。

 

 

  • 生態学的雨水管理の手法
  • 建設予定地に対する従来通りの検査
  • 仮施設および恒久的施設のきちんとした維持管理法
  • 汚染物質の排出の制御
  • 不法投棄やゴミのゼロ化
  • 現在の降水問題の明確化および識別化
  • 一般の人々の教育と計画への積極的参画
  • 分水界、貯水池、流域の設計
  • 安定して運用できる財源の確保
  • 計画的で、環境的なモニタリング

 

低影響開発は地域の土地利用計画と共に機能するものであるから、地方自治体はまず、保全地域はここ開発地域はそこと明確に示す必要がある。開発地域が指定されれば、施工者や計画者は開発の悪影響を縮小にするために、その建築現場で低影響開発の手法を用いることになる。

 

 

低影響開発の利点

 

リッドの利点 最終のゴール
・流出抑制による水害防止
・河川や地下水の涵養
・生態系保全
・不浸透地表の削減
・流出縮小
・水質浄化
・インフラ投資の節約
・環境や水環境からの汚染物質除去
・熱汚染防止
 




 

・生活の質の向上
・資産価値の上昇
・健康維持

 

リッドマニュアルの作成

 

日本でリッドを実践するために、専門家の確立が求められる。米国では、リッドは、マニュアル、研修、実践、評価などを含む一連のプログラムになっている。JXDAは、日本でもマニュアルを提供することが必要と考える。日本の事情に配慮した日本版のマニュアルは、最初は米国の内容を整理して紹介することから始める。第一段階として、次の事柄について共通の理解を持たせることを目的とする。

 

  • 地域の水循環と都市開発の相互影響
  • リッドのめざすゴール
  • 敷地評価と計画
  • 植物保全、植生再生と植物の選択
  • 技術仕様
  • 従来の降水管理システム(運送・処理装置)の代替となるだけの信用性
  • 国内外でのリッド研究と実践のモニタリング

 

資料) (C)PUGET SOUND ACTION TEAM, OFFICE OF THE GOVEMOR , STATE OF WATHINGOTON