米国におけるグリーンシティの格付け

持続可能という言葉は、単に都市における流行語ではない。STORMCON(ストームコン:STORMWATER POLLUTION PREVENTION CONFERENCE 雨水汚染防止会議)という雨水汚染を防止する団体としては世界でもっとも大きな団体があるが、この団体は、都市の直面する様々な雨水問題を注意深く検討するという点で、他の組織と一線を画している。

 

彼らは毎年、自治体の雨水管理者、工学技術顧問、役人、流域管理の専門家およびその他、雨水と表層水の水質に関連する専門家たちが直面している現在の需要を会議の小冊子としてまとめ、その効果を計っている。

 

賢い成長(スマートグロース)の実践と持続可能性は、常に非常に高い関心を集める問題である。

 

このストームコンという団体は、構造的あるいは非構造的な最良管理実践(BMP:Best Management Pratice)と低影響開発(LID)技術を学べる広範な講座を開催しているが、参加する人々は年々増加傾向にあり、米国中の市職員と話し合うことのできる意義深いフォーラムを提供していることでもよく知られている。ここ数年の最も包括的な会議は2つ開催されたが、そのどちらもが、BMPの事例分析と低影響開発をテーマとしていたことは、意外なことではなかった。また、それら会議に出席した者のほとんどが、米国で最もグリーンな都市からの参加者であったことも意外なことではなかった。

 

つまりそれだけBMPと低影響開発には需要があるのである。

 

最もグリーンな(環境に優しく安全な)米国の都市とは、いったいどこであろうか?
 

SUSTAINLANEの最近の年次報告によると、それはポートランド(OR)であるという。SUSTAINLANEというインターネット会社は、健康と環境問題を主に扱う会社である。そこが、空気の質や水質、交通混雑、公共輸送、土地利用、グリーンビジネス活動、環境政策などからなる16のカテゴリーに対する評価を用いて調査した結果、ポートランドが50の米国の大規模都市のうちで最もグリーンな都市に格付けされた。なお、ポートランドがこの格付けにランクインしたのは、初めてのことである。

 

以下に、SUSTAINLANEによる米国におけるグリーンシティのトップ10をあげる。()内の数字は、2006年のランキングである。

 

1) ポートランド:PORTLAND, OR (1)
2) サンフランシスコ:SAN FRANCISCO, CA (2)
3) シアトル:SEATTLE, WA (3)
4) シカゴ:CHICAGO, IL (4)
5) ニューヨーク:NEW YORK, NY (6)
6) ボストン:BOSTON, MA (7)
7) ミネアポリス:MINNEAPOLIS, MN (10)
8) フィラデルフィア:PHILADELPHIA, PA (8)
9) オークランド:OAKLAND, CA (5)
10) ボルテイモア:BALTIMORE, MA (11)

 

50の都市のうちで下位のリストもあげておく。()内の数字は、同様に2006年のランキングである。

40) ナッシュヴィル:NASHVILLE, MN (42)
41) アーリントン:ARLINGTON, TX (41)
42) ロングビーチ:LONG BEACH, CA (30)
43) コロラドスプリングス:COLORADO SPRINGS, CO (26)
44) インディアナポリス:INDIANAPOLIS, IN (45)
45) ヴァージニアビーチ:VIRGINIA BEACH, VA (48)
46) メンフィス:MEMPHIS, TN (43)
47) ラスヴェガス:LAS VEGAS, NV (27)
48) タルサ:TULSA, OK (40)
49) オクラホマシティ:OKLAHOMA CITY, OK (49)
50) メサ:MESA, AZ (47)