コンテンツへスキップ

 

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

h2ologoNo.6:Web記事:2013年5月号 会員用(PDF A4:2枚)

米国の上下水道分野を代表する六つの団体は、米国環境保護庁(EPA)と共同で長期的な持続可能性を達成するために、水と排水ユーティリティの進歩的で効率良い管理実践を支援するべく設計された一連のツールを公開している。このツールは、2007年5月にグループが発表した報告書で最初に特定された成功する管理の10の属性と5つの鍵に根拠を置いたものである。

<続きは会員専用になります(pdf)>

 

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

 

h2ologoNo.5:Web記事:2013年5月号 会員用(PDF A4:7枚)

水循環は、日射によって駆動される、すべての物理的状態における水の動的収支が混ざり合ったネットワークである。日射は、緑の葉の持つ技術によって、大気、陸地、植物の命などを通じて水を循環させるのに利用できるエネルギーのすべてである。自然状態の調査評価とランドスケープからのエネルギー収支は、都市化された自然の中で包括的な雨水システムの設計、管理、実施に対して枠組みを作り上げる。そしてその評価は、在来の土壌、地形、地理緯度によって決まる自然植物の被覆に焦点を当てたものである。

 

<続きは会員専用になります(pdf)>

 

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

 

h2ologoNo.4:Web記事:2013年4月号 会員用(PDF A4:3枚)

 

「水効率」を雑誌のテーマとして掲げるなど、ほんの数年前まで深遠な夢だと思われていた。しかし実際にそうしてみれば、今日それは、有限である水供給をいかに管理するかという討論を練るのに役立つものとなっている。そう言えば、世界の人口が2050年までに50%の割合で増加し、90億人に達すると予測される中で、米国の人口は4億2000万人に、日本は1億60万人に近づくと言う。米国では人口増加に水需要も比例して50%増えることが予測されている。日本ではどうだろうか。明らかにこのような増加は、いつまでも看過してはいられない傾向である。

<続きは会員限定となります(PDF)>

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

h2ologo No.3:Web記事:2013年3~4月号 会員用(PDF A4 11枚)

地球環境に様々な汚染物質を投入した結果として、気候変動が差し迫っていることを耳にしたことのある人は多いだろう。原子爆弾という狂気を除けば、我々が知る限り、この地球上の過去の時間で人類の行ったことが地球への重大な脅威として現れることなどなかった。

 

<続きは会員限定となります(pdf)>

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

h2ologo No.1:Web記事:2013年3月号 会員用(PDF A4:12枚)

挑戦と成長産業

雨水利用の様々な形態は何千年もの間行われてきたが、成長産業としてのそれは、まだ始まったばかりである。現在、貯留された雨水の用途を規制する国家基準はない。が、米国の州や市町村の中には、雨水の利用法について、あるいは雨水を利用するかしないかについての法令を発布し始めたところもある。このインタビュー記事は、雨水資源の全国的な組織であるアメリカン雨水資源化システム協会(ARCSA*)のデービッド・クロフォード(David Crawford)氏による、雨水管理方法に関して現在進められている挑戦についての取材などを主に記載するものである。

<続きは会員限定となります(PDF)>