コンテンツへスキップ

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

h2ologoNo8:Web記事:2013年5月号 会員用(PDF:A4:全26p)

淡水は人間生活とエコノミック・ウェルビーイング(経済的福祉)にとって不可欠である。また、都市、農業と産業の要求を供給するために、社会は川、湖、湿地と地下帯水層から莫大な量の水を抽出する。淡水に対する私たちの需要は、健全な水界生態系を保持するために小川に残る水による生命の恩恵を長い間見落としてきた。しかし、機能的に損なわれていない生物学的に複雑な陸水生態系は、社会に多くの経済的な価値のある商品と公益を供給している。

<続きは会員限定となります(PDF)>

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

 

h2ologoNo.7:Web記事:2013年5月号・増刊号 会員用(PDF A4:15枚)

 

生態系の公益

人間社会は、海産物、狩猟物、飼料、薪、材木、医薬などを含む自然生態系システムから、多くの必需品を得ている。これらの物資は経済活動で重要な普通の生産を象徴するものである。と同時に、自然生態系は扱い方を誤ると文明が繁栄するのを阻止するような基本的生命維持のための生産を行うのであるが、これについては最近まであまり評価されてこなかった。そうした生産とは、大気と水の浄化、雑排水の解毒、分解、気侯、地力の再生、生産の規則、および、生物多様性の維持管理などのことを指す。生態系活動の鍵となるのは、農業、薬業、さらには産業事業から得られる公益なのだが、その多くは、太陽エネルギーによって動力が供給される広範囲な場所、または時間とスケールを介して作用する「自然循環」の複雑な相互作用によって発生している。

 

 <続きは会員限定となります(PDF)>

 

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

h2ologoNo.6:Web記事:2013年5月号 会員用(PDF A4:2枚)

米国の上下水道分野を代表する六つの団体は、米国環境保護庁(EPA)と共同で長期的な持続可能性を達成するために、水と排水ユーティリティの進歩的で効率良い管理実践を支援するべく設計された一連のツールを公開している。このツールは、2007年5月にグループが発表した報告書で最初に特定された成功する管理の10の属性と5つの鍵に根拠を置いたものである。

<続きは会員専用になります(pdf)>

 

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

 

h2ologoNo.5:Web記事:2013年5月号 会員用(PDF A4:7枚)

水循環は、日射によって駆動される、すべての物理的状態における水の動的収支が混ざり合ったネットワークである。日射は、緑の葉の持つ技術によって、大気、陸地、植物の命などを通じて水を循環させるのに利用できるエネルギーのすべてである。自然状態の調査評価とランドスケープからのエネルギー収支は、都市化された自然の中で包括的な雨水システムの設計、管理、実施に対して枠組みを作り上げる。そしてその評価は、在来の土壌、地形、地理緯度によって決まる自然植物の被覆に焦点を当てたものである。

 

<続きは会員専用になります(pdf)>

 

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

 

h2ologoNo.4:Web記事:2013年4月号 会員用(PDF A4:3枚)

 

「水効率」を雑誌のテーマとして掲げるなど、ほんの数年前まで深遠な夢だと思われていた。しかし実際にそうしてみれば、今日それは、有限である水供給をいかに管理するかという討論を練るのに役立つものとなっている。そう言えば、世界の人口が2050年までに50%の割合で増加し、90億人に達すると予測される中で、米国の人口は4億2000万人に、日本は1億60万人に近づくと言う。米国では人口増加に水需要も比例して50%増えることが予測されている。日本ではどうだろうか。明らかにこのような増加は、いつまでも看過してはいられない傾向である。

<続きは会員限定となります(PDF)>