コンテンツへスキップ

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

h2ologo No20:Web記事:2014年7月号

カリフォルニア州アルタディーナにあるリンカーンアベニュー水道会社は、小規模なシステムの事業者 ではない。4,500のサービス接続を介して西アルタディーナ地方の16000人の住民に飲料水を供給し、一日あたり518万ガロンの運用能力を誇る浄水場を持った水道事業者である。

そこの職員は、ほとんどの水道事業者の今日と同じように、顧客である住宅や商業地のために水をくみ上げて処理し検査し分析する、より効果的かつコスト効率の高い方法を懸命に模索しているが、この傾向は驚くべきことではない。なぜならば、米国経済は依然として不安定なものであり、ほとんどの自治体の予算にはあまり余地がない。それゆえ、大抵のユーティリティ(共益局)はコストを削減する方法を模索しなければならず、しかも同時に、供給する水の質を低下させないものでなくてはならないという、この2つの命題を実現する方法を見つけなければならない。リンカーンアベニュー水道会社はこれを行っている会社である。 2011年の夏、この水道会社は課題に直面していた。それは、バージン活性炭のコストが上昇していたのが理由なのだが、この活性炭は、顧客に清潔な飲料水を提供するために使用する同社の処理場での地下水処理法としては、主要な選択肢だったのである。

 

<続きは会員限定となります(PDF)>