コンテンツへスキップ

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

h2ologo  No.52(会員用A4:10枚)

 

都市設計のための「生態学的認証」について考えてみる。このような認証にとって重要な要素とはなんだろうか?

※あるグループの人々が特定の質問に「都市の自然」で応答する地球規模の円卓会議を特集している。(ウエブには15人の「認証」に対する意見があるが、ここに紹介するのは、1議論提起、2認証制度に対する賛否両論と制度論:2-1反対意見、2-2望ましい制度の例、2-3賛成意見で、議論の一部である)

 

 

<続きは会員定となります(PDF)>

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

h2ologo  No.51(会員用A4:5枚)

サステナビリティ(持続可能性)は今やすっかりポピュラーな概念となり、将来のことを考えた環境実践のことを環境に関わる仕事に携わる者としては、無視をするわけにはいかなくなった。 その結果、施設を管理する役員たちも組織内での社会的責任に対する全体コミットメントの一環として、従来の景観から、持続可能な景観へその重要性の軸足を移行しつつある。

<続きは会員定となります(PDF)>

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

h2ologo  No.49 (会員用A4:7枚)

 

この記事では若い専門家の植栽に対する知識不足について述べる。また、すべてのランドスケープアーキテクトが知っておくべきことについて精査する。

 

<続きは会員限定となります(PDF)>

 

SUBSCRIBE: Magazine l Newsletters著作権©JXDA

h2ologo  No.48 (会員用A4:3枚)

 

気候変動により都市の気候は激化している。昨冬、パリで温暖化に関する会議が開催されたが、そこで二酸化炭素の二大排出国である中国と米国を交えて画期的な合意に達したのは、気候課題に世界中が関心を持ち、行動すべき時期であると認識しているからに他ならない。パリ会議では二酸化炭素の排出削減目標が正式に決定された。自国の削減レベルは今後どうあるべきかを個々の国家が告げた。しかし、ではその目標額にどうやって到達するのかと言えば、その点は不明なことも多い。が、今こそグリーンインフラストラクチャ―(グリーンインフラ)である。グリーンインフラが気候変動の解決策の一部となる可能性は高い。多くの国が現在、グリーンインフラがもたらす豊富な利益に気がつき始めた。

<続きは会員限定となります(PDF)>