ランドスケープアーキテクチャーの学生が読むべき本

1. ランドスケープ・アーキテクチャーの基礎(ティム・ウォーターマン) FUNDAMENTALS OF LANDSCAPE ARCHITECTURE (TIM WATERMAN)

 

koidebooks06_clip_image002「ランドスケープ・アーキテクチャーの基礎」と題されたこの本は、ランドスケープ・アーキテクチャーという広範な分野を形作る主要な要素について概説している。ランドスケープの管理と計画、都市設計といったランドスケープ・アーキテクチャーの多くの専門分野への敬意を表す恰好の手引書である。この本は哲学や歴史的先例を取り上げつつ、敷地設計のプロセスについて、どのようにひとつのプロジェクトがコンセプトからデザインへと昇華され実現されるのかについて、説明をするものである。

 

 

2. デスティネーション・アート(エイミー・デンプシー)
DESTINATION ART (AMY DEMPSEY )

 

DestinationArt「デスティネーションアート」は、美術館やギャラリーの境界の外の近現代美術の敷地についてイラストを用いて概説する本である。ペーパーバックで改訂され更新された版がでているが、この本はテネシー州、ノルウェー、中国、スコットランドの4つの新しい場所を含む、世界中で最も重要な現代美術の敷地を200以上プロファイルしている。大規模な土地や環境の作品から大規模な彫刻公園まで、最も重要で人気のある国際的なアーティストの一部、アンリ·マティス、アントニオ・ガウディ、コンスタンティン・ブランクーシからジェームズ·タレル、アントニー·ゴームリーやオラファー·エリアソンまでが、プロファイルされている。

 

 

3. アーキテクチュラルモデル・メイキング(ニック・ダン)
ARCHITECTURAL MODEL MAKING (NICK DUNN)

 

物理的なスケールモデルは多くの場合、アーキテクチャー部の学生や実務家にとっての重要なコミュニケーションツールとして引用されている。異なるコンテキストで異なるモデルを使用することについての説明を通じて、この本はアーキテクチュラル・モデルが使用される方法と理由について、それらが何のために使われ、さらには、建築教育とどのように関連しているかについての手引きを提供する。

 

 

4.  ランドスケープ・グラフィックス(グラント·W·リード)
LANDSCAPE GRAPHICS (GRANT .W. REID)

 

「ランドスケープ・グラフィックス」はランドスケープ・デザインやランドスケープ・アーキテクチャーで使用されるすべての基本的なグラフィック技術について、建築家のための究極のガイドブックである。このガイドブックでは、基礎から進んでより洗練された技術まで、グラフィック言語と設計プロセス、製図、レタリング、手描き図と概念的な作図の基本、透視図、断面図などに対する明確な指示を提供する。また、配列決定の演習、断面図やパースペクティブに必要なグラフィックシンボルを完全にファイルし、便利な付録を備えている。

 

 

5. ランドスケープ・アーキテクチャーにおける理論(サイモン・スワッフィールド)
THEORY IN LANDSCAPE ARCHITECTURE (SIMON SWAFFIELD)

 

koidebooks06_clip_image010学生やランドスケープ・アーキテクチャー、建築、都市計画の研究や実践用に、分野内で理論的なテキストを提供する唯一の参考書である。ランドスケープと社会や文化、政治構造などの間で造られてきた特定のつながりについて理解をするための必読書であり、「ランドスケープにおける理論」は、ランドスケープ・アーキテクチャーの原理が実用的かつ正式にやりがいのあるものであることを、読者に思い出させる。過去50年間に生じた理論をカバーしており、この本は、学生に新興的な職業倫理を理解させるにあたり、重要な貢献をしている。

 

 

6. 都市設計のためのドローイング(ロレーヌ・ファレリー)
DRAWING FOR URBAN DESIGN (LORRAINE FARRELLY)

 

フリーハンドのスケッチから未来の街の洗練されたインタラクティブなコンピュータモデルまで、都市を表現するための幅広い方法を探る。この本は、都市環境の設計に関連するプロセスを説明しながら、その技術について紹介するものである。

 

 

 

 

 

 

 

7. ランドスケープ・アーキテクチャーにおけるフォームとファブリック(キャサリン·ディー)
FORM AND FABRIC IN LANDSCAPE ARCHITECTURE (CATHERINE DEE)

 

ランドスケープ・アーキテクチャーにおけるフォームとファブリックは、ランドスケープの利用や経験に基づいて空間的な形態を行うことで、ランドスケープ・アーキテクチャーの研究にオリジナルの視覚的アプローチを提供する。それは、風景が設計において理解され、考えられることを通して構造を提供することによって、美的、空間的、および経験的な概念について説明する。「ファブリック」とは、全体の景観と一体の構造であり、「フォーム」とは、このファブリックを構成する構成要素を指す。フォームとファブリックは一緒になって、視空間デザイン思考や意識の開発に有用な景観の形態を生み出す。本書は、ランドスケープ·アーキテクチャー、アーキテクチャーと都市計画の学生のための原則を紹介しつつ、より経験豊富な環境デザイナーが継続的に関心を持つ資料も提供するという両方を目的としている。

 

 

8. 敷地を分析するランドスケープ・アーキテクチャーのためのスケッチ(エドワード·ハッチソン)
DRAWING FOR LANDSCAPE ARCHITECTURE SKETCH TO SCREEN TO SITE (EDWARD HUTCHISON)

 

この本質的な出版物は、手にとって見ることが、学ぶには重要であることを再認識させる。効率的でコスト効果の高い解決策を構築する際に非常に重要であるデジタルツールを使用する前に、大規模な設計スキームを視覚化して、図面を介してそれらを説明する。伝統的な描画手法をCADレンダリングのものと組み合わせることで、第9章では、「ランドスケープ・アーキテクチャーのためのドローイング」は、施工と敷地図面に対するコンセプトとスキーム設計とクライアントへのプレゼンテーションを通じて、敷地に対する彼らの第一印象から実践を導き、その最終的な結果を示す2つのケーススタディによって結論づける。ちょうど手描き図へと世界中の設計の授業に回帰するように、今日のデジタル設計手法にそれらを取り入れながら、この喜ぶべき出版物は、伝統的な技術の最良の側面を寿ぐものである。

 

 

9. アーキテクチュアル・デッサン・コース(モー・ツェル)
THE ARCHITECTURAL DRAWING COURSE (MO ZELL)

 

建築デザインのこの実用的な基礎コースは、対象者に原則、実践、技術に関する重要なアドバイスを提供している。図面の単なる技術的な側面を超えて、アーキテクチャーの視覚言語を読者に紹介し、彼らに空間的に考えて、構築された環境に疑問を抱くことを奨励するものである。すべての建築部の学生と建築の創造的な側面に興味がある人にとって、この本は非常に貴重なツールであり、参考資料となるであろう。

 

 

10. 植栽デザインハンドブック(ニック·ロビンソン)
THE PLANTING DESIGN HANDBOOK (NICK ROBINSON)

 

ニック・ロビンソンの「植栽デザインハンドブック」は、世界中で広くランドスケープ·アーキテクチャー·コースの決定的なテキストとして使用されている。それは、植物の園芸的特性や生態的特性および美的特性を調べて、植栽や空間構成、種の選択、植栽計画と植栽の間隔の構造的および装飾的な役割についてと管理の重要な役割について、説明するものである。美的原則による新鮮な見方と設計プロセスの分析によって、体系的なアプローチが創造的想像力の最大の自由を可能にできることを明らかにする。この本は高価ではあるがそれだけの価値がある。私は今でも専門的な実務を行う際にこれを参照している。

 

 

11. デザインウィズネイチャー(イアン.L.マクハーグ)
DESIGN WITH NATURE (IAN L. MCHARG)

 

この本が学問の世界で旋風を巻き越した時から、25年の年月が過ぎた。「デザインウィズネイチャー」は、ランドスケープ・アーキテクチャーや都市·地域計画、エコロジカルデザインなどの分野にまつわる多くの事柄を再定義することを行った書である。また、自然界における人間の場所と、物理科学と人文科学を伴う人間界における自然の場所とに対する、継続的な議論にも恒久的な足跡を残してきた。熱狂的な評価者の中には、「私たちの世界のユーザーズマニュアルである」と「デザインウィズネイチャー」を評価する者もいる。この本は、人工的に構築された環境と自然との、より新しくより健全な関係構築のための実用的な青写真を提供するものである。

 

 

12. 偉大なアメリカの都市の生と死(ジェーン・ジェイコブス)
DEATH AND LIFE OF GREAT AMERICAN CITIES (JANE JACOBS)

 

koidebooks06_clip_image024本書は、今世紀の都市計画の多くを近視眼的で知的傲慢さが際立っていると特徴づける、直接的かつ基本楽観的な告発の書である。「偉大なアメリカの都市の生と死」は、1961年の最初の出版以来、その分野のすべての測定された努力への対基準となっている。ジェーン·ジェイコブスは、道路の安全性を造るもの、造らないものや、近隣地区を構成するもの、都市のより大きな生物圏内でどんな機能が機能するか、他の近隣地区が自身を再生成する一方で、貧困のままに留まる地域がある理由などについて書いている。

 

 

13. ビルの谷間での生活(ヤン・ゲール)
LIFE BETWEEN BUILDINGS (JAN GEHL)

 

 Life Between Buildings本書は小さなパブリックスペースだけでなく都市や公共空間の質が大幅に向上することに対しても、一般的な関心が向いていることを強調している。ビルの谷間の生活の特徴は、任意の所与の社会的状況の変化に伴って変化するが、ビルに囲まれた生活は著しく一定であることが判明しており、そこでは必須の原則および品質基準が使用されている。

 

 

 

 

 

14. ランドスケープの施工(アストリッド・ツィンマーマン)
CONSTRUCTING LANDSCAPE (ASTRID ZIMMERMANN)

 

「ランドスケープの施工」の改訂版であり、ランドスケープ・アーキテクチャー上で誰もが読むべきこのハンドブックは、最も一般的な材料や表面の話からオープンスペースの施工と植物の使用まですべての関連するトピックまで網羅した、技術的で構造的なオープンスペース計画への体系的な導入の書となっている。ランドスケープアーキテクトや建築家にとっては、修正やプロの計画を実行するのに不可欠なガイドブックであるだけでなく、提案用に強固でよく考え抜かれた要求を準備するための書でもある。本書は、2つのセクション、「材料と表面」および、「建物建設と建築の要素」に分かれている。

 

 

 

 

15. ランドスケープ・アーキテクチャーの基礎:アーバンデザイン(ティム・ウォーターマン、エド・ウォール)
BASICS LANDSCAPE ARCHITECTURE: URBAN DESIGN (TIM WATERMAN, ED WALL)

 

 Basics Landscape Architecture: Urban Design「ランドスケープ・アーキテクチャーの基礎:アーバンデザイン」は、ランドスケープ・アーキテクチャーの観点から都市の設計概要を説明する本である。アーバンデザインは、人間の居住形式を定義することに関する学際的な実践である。ランドスケープ・アーキテクチャーは、このプロセスにおいて重要な役割を果たしている。この本のタイトルは、ランドスケープ・アーキテクトがアーバンデザインにもたらすユニークな視点を強調して定義し、この役割を記述しようとしている。本書はアーバンデザインの簡単な歴史と定義、それに関連するさまざまな職業の役割を提供する。そして、都市の規模とその地域から材料を調達する重要性や、都市形態とコンテクスト細部の重要な要素について研究をしている。

 

 

16. ランドスケープ・アーキテクチャーの基礎:エコロジカルデザイン(ナンシー・ロッテル、ケン・ヨコム)
BASICS LANDSCAPE ARCHITECTURE: ECOLOGICAL DESIGN (NANCY ROTTLE, KEN YOCOM)

 

「ランドスケープ・アーキテクチャーの基礎02:エコロジカルデザイン」はランドスケープアーキテクトのための生態学的設計と計画の概要について記した書である。非常に有益かつ豊富に示されている形式によって、エコロジカルな設計と計画の現代実践に必要な重要な概念やテーマを探るものである。この本は都市環境に主に焦点を当てて、生態学的な設計理論と設計方法との関係を研究し、自然と人間システムの基本的な構造と機能についてランドスケープエコロジーの原則を通じて、ランドスケーププロセスのダイナミクスを示している。

 

 

17. スキンの眼(ジュハニ・パラスマ)
EYES OF THE SKIN (JUHANI PALLASMAA)

 

いまや建築論の古典となったスキンの目であるが、これは2つのエッセイで構成されている。一つ目のエッセイは調査についてで、ギリシャ人以来の西洋文化における眼中心のパラダイムを歴史的に開発し、それが世界の経験とアーキテクチャーの本質に及ぼす影響について述べている。第二のエッセイは、本格的な建築経験にある他の感覚の役割を調べ、所属や統合の感覚を促進する多感覚アーキテクチャーへの道を指している。

 

 

 

 

18. 敷地設計用にグーグルスケッチアップを使いこなす(ダニエル・タル)
GOOGLE SKETCHUP FOR SITE DESIGN (DANIEL TAL)

 

本書は、敷地設計にグーグルスケッチアップ(GOOGLE SKETCHUP)を使うための総合的なアプローチ(このソフトがどう機能し、どこが重要で、これを使って何をすべきか)を示している。最初から最後までチュートリアルで一杯であり、豊富なディテールや表現の含まれたプロジェクトの開始と完了に焦点を当てている。各章は、前章とそのチュートリアルに基づいて構成され、読み進めるうちに敷地計画のモデリングや、建物、敷地の構成要素などにアプローチする方法を学ぶことができる。すなわち、これらの外部環境要素のそれぞれをモデル化することから、単形で表現モデルを生成するためにそれらを一緒につなぐところまでを学ぶ。そのクライマックスは、サンドボックスツール(SANDBOX TOOLS)を使用して勾配と地形も含んだ効果的かつ簡単な方法を示すチュートリアルと、ベストな方法でAUTOCADとSKETCHUPの全体的なアプローチを統合する方法である。また、YOUTUBEのチュートリアルや3Dギャラリーからの無料チュートリアルやモデル例など、補完的なオンラインリソースへのリンクも掲載されている。

 

 

19. 小規模公園を設計する(アン·フォーサイス、ローラ・ムサキーノ、フランク.T.フィッツジェラルド)
DESIGNING SMALL PARKS (ANN FORSYTH, LAURA MUSACCHIO, FRANK T. FITZGERALD)

 

Designing Small Parks「小規模公園を設計する:社会的懸念と生態学的懸念に対処するためのマニュアル」は、現在の社会研究や自然科学研究と設計基準を統合することによって、公園のより良い構築のためのガイドラインを提供してくれる。本書は、小規模公園は自治体と大都市のオープンスペースシステムの継子扱いされていることが非常に多いが、それは、その規模の小ささゆえにレクリエーション能力にも限界があり、また、大規模な都市公園や郡の公園ほど生態学的にみても貴重ではないのではないかと思われているからだと指摘する。このマニュアルは、小さな公園を設計する際に浮かび上がる疑問や矛盾、または緊張する事項などの12の周辺トピック(話題)を配置している。トピックは、都市公園、自然システム、および人間の側面についての基本的な問題をカバーしており、小規模な都市公園の設計に研究成果を統合するための3つの異なるアプローチを用いた代替的解決案と有益なケーススタディも含んでいる。

 

 

20. ランドスケープ・アーキテクチャーのためのデジタル描画(ブラッドリー・カントレル、ウェス・マイケルズ)
DIGITAL DRAWING FOR LANDSCAPE ARCHITECTURE (BRADLEY CANTRELL, WES MICHAELS)

 

Digital Drawing for Landscape Architecture「ランドスケープアーキテクトのためのデジタル描画」は、従来のアナログと新しいデジタルツールとの間のギャップを埋める方法と、デジタルメディアでの設計業務を強化するために表現の時代を超越した概念を適用する方法を示すものである。アナログ表現の実証済みの原則を踏まえて本書は、デジタルによるランドスケープデザインを作成するための具体的な手法を探る。ここでは、アナログとデジタルとのレンダリングの相違点と類似点について説明してから、デジタルでレンダリングされた計画、パース、および相関図を作成する手順を説明する。掲載物は、書類の基礎を設定するコンピューティングによるベーシックなラスター画像とベクトル画像、手描きの線画や図表テキスト、スケーリング、句読点、ページレイアウトの色、ADOBE ILLUSTRATORやPHOTOSHOP、ACROBATなどのソフトの最新のバージョンを使用する人向けに断面図やパースペクティブを作成してシェーディングやテクスチャをかける方法について紹介するだけでなく、実績のある技術であることを証明する古いバージョンで作られた500枚以上のフルカラー図面や写真、ランドスケープアーキテクトのためのデジタル描画などがあり、本書は伝統的なレンダリング技術と現代的な方法とを独特の手法で組み合わせることによって、読者のスキルを向上させることを目的としている。

 

 

21. ゲリラガーデニング:MANUALFESTO(デヴィッド・トレイシー)
GUERRILLA GARDENING: A MANUALFESTO (DAVID TRACEY)

 

 Guerrilla Gardening: A Manualfesto「ゲリラ」という言葉はステルス任務のために真夜中に移動する武装した兵士の小隊を思い起こさせるかもしれない。ゲリラガーデニングの場合、兵士にあたるのはプランターであり、武器となるのがシャベルである。その使命は、美しくあることを放棄してしまった敷地を美しく変えることである。都心部を刷新するこの環境保護的な非暴力直接行動の動きは、世界中の都市のあらゆるタイプの人々の間に広がっている。これらの言わば現代のジョニー・アップルシードとでも称されるべき人々は、多くの場合、許可なしにガーデニングをランダムな行為として行う。その典型的なターゲットは空地や鉄道用地、十分に活用されていない公共広場や路地裏などである。コンセプトは単純にして気まぐれであり、非合法の訪問で行われる行動ゆえに、生意気な魅力を持っている。 地面の一部に穴を掘り、いくばくかの種を播き、あるいは、フェンスを修繕する。1人の善行が別の誰かを鼓舞し、ウィン―ウィンの恩恵を回りの者すべてに与えてくれるというものである。

 

 

22. 応答性環境(スー・マックグリン、グラハム・スミス、アラン・オールコック、ポール・ムレイン、イアン・ベントレー)
RESPONSIVE ENVIRONMENTS (SUE MCGLYNN, GRAHAM SMITH, ALAN ALCOCK, PAUL MURRAIN, IAN BENTLEY)

 

この本は、分かりやすくフレンドリーで制御可能な場所を作るための特別な特徴を明確に示すものである。「応答性環境」とは今日、疎外的な環境とは対照的なものが課されている。スケッチや図面によって、応答性の環境を場所や建物内に設計できる方法を示すが、本書は建築とアーバンデザインについての実用的な本であり、最も頻繁に間違える分野や、理想だけでは十分ではないという考えを印象づけることに最も心を砕いている。理想は、構築された環境そのもののファブリックに対して、適切な設計アイデアを介してリンクされなければならない。この本はこれを行う方法を示す実用的な試みである。「応答性環境」という概念が何を意味するかを探ってみて欲しい。図示されたステップ・バイ・ステップのガイドでは、実際の設計で「応答性環境」を実現する方法を示している。

 

 

23. 都市計画論1945年以来(博士ナイジェル・テイラー)
URBAN PLANNING THEORY SINCE 1945 (DR. NIGEL TAYLOR)

 

Urban Planning Theory Since 1945第二次世界大戦の後、都市・地域計画の近代的なシステムが、英国など多くの先進国で設立された。この本でナイジェル・テイラーは、計画の変更がそれ以来行われていると感じたと説明している。彼は、計画の主要な理論について、物理的設計運動などの都市計画の伝統的な観点から1960年代の計画のシステムと合理的な工程図まで、1970年代の資本主義社会において計画の役割をしめていたマルクス主義から計画の実施についての理論や、「コミュニケーション行動」の一形態としてのより最近の見方まで、概略している。

 

 

 

24. ランドスケープアーキテクトのためのディテール(トーマス・R・ライアン、エドワード・アレン、パトリック・J・ランド)
DETAILING FOR LANDSCAPE ARCHITECTS (THOMAS R. RYAN, EDWARD ALLEN, PATRICK J. RAND)

 

koidebooks06_clip_image066本書は、ランドスケープ・アーキテクチャーの三大関心事である機能、建設可能性、美に対して、同じ構成を適用する。豊富なイラストによって体系的にランドスケープ・アーキテクチャーを詳述し、既存の内容を分析し、新しいものを考案するためのフレームワークを提供している。また、本書には、美観や排水、動き、構造物、建設アセンブリ、持続可能なリソースなどに関連する詳細な資料が含まれている。

 

 

25. 草類を使った設計(ニール・ルーカス)
DESIGNING WITH GRASSES (NEIL LUCAS)

 

Designing with Grasses オーナメンタルグラス(装飾的な草類)は園芸植物としての究極のサクセス・ストーリーであり、今日のガーデナーならば欠かさずチェックしているものである。その揺れる茎や羽根飾りのようなシードヘッドが素晴らしい視覚的なインパクトを与えるだけでなく、風がその葉を捉えると、躍動感のある動きと心を落ち着かせる背景音的な効果を与えてくれる。このほか、オーナメンタルグラスは管理が容易で、優れた野生生物の生息地を提供してくれるので、適切な場所に適切な種類を植えるならば、真に持続可能な植栽となる。

 

 

26. ナチュラルガーデン用の夢の植物(ヘンク・ゲリッツェン、ピエト>・オウドルフ)
DREAM PLANTS FOR THE NATURAL GARDEN (HENK GERRITSEN, PIET OUDOLF)

 

本書は、先駆的な庭の設計者であるヘンク・ゲリッツェンとピート・オウドルフが、独特のやり方で、多年生植物、球根、草、シダ、小低木などの中から理想的な植物を選ぶ方法を説明するものである。理想的な植物とは美しく堅牢で、かつ、ガーデナーの労力がなくとも確実に育つものを指す。その植物の成長に関する完璧な情報がその最も効果的な利用方法のアドバイスとともに、各植物に対して提供される。ゲリッツェンとオウドルフは、ガーデニングの真に革新的なアプローチを実践する人たちで、彼らは、開花が終わるやいなや大胆に切って落とされる色鮮やかで大きくて大胆な花のかたまりを育てようとするのではなくむしろ、葉や花や茎その他の形を理由に植物を選ぶ人たちである。それはつまり彼らが、全ての季節を通じて自然の美を庭に留めようと意図していることに他ならない。

 

 

27. 水に敏感なアーバンデザイン(ジャクリーン・ホイヤー、ヴォルフガング・ディックハウト、ビョルン・ウェーバー、ルーカス・ロナリッタ)
WATER SENSITIVE URBAN DESIGN (JACQUELINE HOYER, WOLFGANG DICKHAUT, BJÖRN WEBER, LUKAS KRONAWITTER)

 

近年、分散型雨水管理のための技術や法整備が世界中で進んでいる。しかし、分散型雨水管理システムは、利用者がまだまだ少なく、市民や専門家の間での受け入れも未だ不足しているままである。しかし、この方法による雨水管理は、将来の都市の持続的発展にとって不可欠なもので、それゆえ都市は、このシステムを受け入れるように改善されなければならない。回答が求められるべき主な問題は、安全で住みやすく持続可能で魅力的な都市を創出するために、いかにして持続可能な雨水管理をアーバンデザインと統合することができるかということである。

 

 

28. 都市の農業を設計する:エディブルランドスケープの計画、設計、施工、メンテナンスおよび管理の完全ガイド(エイプリル・フィリプス)
Designing Urban Agriculture: A Complete Guide to the Planning, Design, Construction, Maintenance and Management of Edible Landscapes April Philips

urbanAgricuture

本書はエディブルランドスケープ(食用可能な景観)という、設計分野とコミュニティが交わる領域について書かれている。都市農業の景観を通じて、持続可能な都市の創造へと続く新しい道を示す世界中のプロジェクトやデザイナーを紹介することで、翻って都市に食料生産を取り込む方法や、健康的な地域社会および健全な環境をめざす道を確固たるものにしようとする道半ばの対話をのせている。

最初に述べられているのは、生態学とはなにかを理解をするために、その原則に対する基礎的な知識である。また、食料生産領域は街の都市システムネットワークの一部なのであるという考えも述べられている。ライフサイクルや再生に基づいてシステムは設計されるが、その設計プロセスについて概要を明らかにした。また、エディブルランドスケープの計画、設計、予算、施工、維持、市場性、この再生的都市景観の持続可能性を増加させること、などに基づいた意思決定を可能にする戦略やツール、ガイドラインを示した。最後には事例研究が載せられていて、そこでエディブルランドスケープの景観的価値や環境敵価値、経済的価値、社会的価値を実証し、環境に優しい健康的な都市環境をつくるまでの道筋を明らかにする。

 

29. グリーンルーフとリビングウォールの植栽(ノエル・キングスベリー、ナイジェル・ダネット)
PLANTING GREEN ROOFS AND LIVING WALLS (NOEL KINGSBURY, NIGEL DUNNETT)

 

Planting Green Roofs and Living Walls本書で著者は、最高の専門的水準でグリーンルーフ(緑の屋根)やリビングウォール(壁面緑化)を設計、施工、維持するために必要な実践的な手法を例示して説明する。彼らは、いかにして屋根が植生の重量を支えるかについて解説し、排水層や育成用土の色々なオプションについて議論し、様々な気候や環境に適した植物についてリスト化し続ける。この有益な最新の資料は、その英知溢れる新しい知見で専門家を魅了し、家の屋根や壁の植栽から得られる莫大なメリットを検討させるべく世界のガーデナーを奨励する。

 

 

30. 持続可能なランドスケープ管理(アン・マリー・ヴァンダーザンデン、トーマス・W・クック)
SUSTAINABLE LANDSCAPE MANAGEMENT (ANN MARIE VANDERZANDEN, THOMAS W. COOK)

 

koidebooks06_clip_image060ランドスケープ産業は、環境に配慮したランドスケープの需要が増大し、大きな変化の真っただ中にある。この本は、持続可能な管理戦略を開発するための実用的なフレームワークを提供するものである。持続可能な設計と建設戦略の概要に始まり、持続可能なランドスケープ管理は、樹木や低木の管理、芝生の手入れ、持続可能性のための既存のランドスケープの改装、ランドスケープ・ベッド(植え床)の管理、生態系の開発などを含む鍵となるランドスケープ管理の項目に焦点を当てて、それをマップ化して書き出し、緑の取り組みを推進するものである 。

 

 

31. 湿地のデザイン(ロバート.L.フランス)
WETLAND DESIGN (ROBERT. L. FRANCE)

 

本書は、設計された湿地の創出、復元、強化、建設について網羅しており、地元や敷地固有の規模での湿地の設計に対して実用的なガイドを提供し、環境に対する湿地設計プロジェクトの影響を評価するものである。ここには、150以上の主要な原則と湿地設計の実践、計画のプレゼンなどが、詳細なイラストや事例研究を伴って提示されている。

 

 

 

 

 

32. ダート(ミーガン・ボーン、エレーヌ・フージョン、リリー・ジェンクス)
DIRT (MEGAN BORN, HELENE FURJAN, LILY JENCKS)

 

ダートとは汚物という意味ではなく、あるメディアやメタファー、ひとつの材料、ひとつのプロセス、ひとつの設計ツール、ひとつの物語あるいはひとつのシステムとして、ダーティな態度を共有するエッセイ、インタビュー、発掘調査およびプロジェクト作品を選んで提示するという意味である。ランドスケープアーキテクトの視点に根ざしており、ダートとは反発ではなく、結束性を維持しながら無限に与える肥沃な適応性であり、違いを収容することのできる力と評価される。この視点は、社会的なつながり、作業プロセス、想像力豊かなアイデア、物理的基板、都市ネットワークなどに光を投げかけるものである。ダートはマトリックスであり、すなわち本として、それは建築やランドスケープ・アーキテクチャー、都市計画、設計、歴史保存、美術、美術史からの寄与を整理するものである。

 

 

33. 現代ランドスケープ・アーキテクチャーのディテール(バージニア・マクラウド)
DETAIL IN CONTEMPORARY LANDSCAPE ARCHITECTURE (VIRGINIA MCLEOD)

 

koidebooks06_clip_image066ディテールはランドスケープを固有のものにさせ、そして、優れたランドスケープアーキテクトを創り出す。世界で最も評価の高いランドスケープアーキテクトの多くを特長に、この本は、最近完了した影響力のあるランドスケープデザインのうち40の事例を提示する。各プロジェクトからは、カラー写真や敷地計画、断面図だけでなく、数多くの構造の詳細なども取り上げられている。また、それぞれのプロジェクトについての簡単な説明と詳細なキャプションおよび詳細な情報も掲載されている。プロジェクトは4ページ上の明確かつ簡潔なレイアウトで表示され、全ての図面は一貫性のある方法でスタイリングされており、簡単に比較できるように標準的なアーキテクチャー上のスケールで提示されている。それらはすべてこの本のために特別に寄稿されたものである。

 

 

34. 建築におけるバイオミミクリー(マイケル・パウリン)
BIOMIMICRY IN ARCHITECTURE (MICHAEL PAWLYN)

 

koidebooks06_clip_image068真に持続可能な建物の設計と技術を探索することにおいて、―本当に復元的であろうとするならば従来の持続可能性以上の設計をすべきである―、しかし、我々はしばしばその境地に自然が先に行きついていることを発見する。35億年以上にわたる自然史は、私たちが今、現代の緑化設計に有益に適用できる形態やシステム、およびプロセスの無数の例を進化させてきた。本書は、建築家や都市デザイナー、あるいはプロダクトデザイナーに向けたもので、建築におけるバイオミミクリーは、私たちが資源効率の合理性を増加させることを達成できるかどうかの手がかりを自然界に求めているように思わせる。

 

 

35. ザ・ダイナミックランドスケープ(ナイジェル・ダネット、ジェームズ・ヒッチモフ)
THE DYNAMIC LANDSCAPE (NIGEL DUNNETT, JAMES HITCHMOUGH)

 

koidebooks06_clip_image07020世紀の最後の四半期は、設計された風景の中で使われた植生に触発されて、生態系や自然に対する関心が急激に増大した時期でもあった。さらに最近では、強力な美的要素が、以前は自然に似た景観を造ろうとする方向へのムーブメントであったものに対して、追加されるようになった。本書「ダイナミックランドスケープ」は、持続可能な景観としてランドスケープを設計すべきだという必要性に対処することができるように、科学的ならびに生態学的にランドスケープの計画設計思想の融合を進めるものである。これは、景観植生に生態学的に啓発された設計、施工、管理に関する主要な声明である。

 

 

36. ザ・ランドスケープ・アーバニズムリーダー(チャールズ・ワルトハイム監修)
THE LANDSCAPE URBANISM READER (EDITED BY CHARLES WALDHEIM)

 

koidebooks06_clip_image072人口の分散化と都市が外へと広がるスプロール化のために、21世紀の都市計画者は、人間ではなく空間そのものを再構築する必要性という課題と直面している。そこで、新しい建築原則として、ランドスケープアーバニズムが浮上している。 本書「ランドスケープアーバニズムリーダー」でチャールズ・ワルトハイムは、この新しいムーブメントの最前線に立って、多くの現場の第一人者によるエッセイの決定的なコレクションを組み立てた。世界中の専門分野の範囲を縦横無尽に横断する14のエッセイは、ジェームズ・コーナー、リンダ・ポラック、アラン・バーガー、ピエール・ベランジャーなどのこの比較的新しい分野の原点から現在、また将来展望を述べたものまで含んでいる。

 

 

37. CPULS:生産的都市景観の連続(ジョー・ハウ、アンドレ・フィリューン)
CPULS: CONTINUOUS PRODUCTIVE URBAN LANDSCAPES (JOE HOWE, ANDRE VILJOEN)

 

koidebooks06_clip_image074アーバンデザインについてのこの本は、広く受容されている「コンパクトシティ」というソリューションを拡大的にとらえ、発展させるものである。それは持続可能な都市ランドスケープについて、例えば都市農業などの新しい種類のデザイン案を提供する。農村環境ではなく都会で食物を栽培させることによって、都市農業は、都市に居住する消費者に対して、食料品の工業化生産、包装、輸送の必要性を減少させるという。この本が描きだす革命的で革新的な概念は、我々の生活の質が都市の未来を形作る可能性を秘めているというものである。アーバンデザインは、国際的なケーススタディを通じて実際に示されており、提示された引数は、定量化された経済的、環境的、社会的正当性によって支持されている。

 

 

38. シェーピング近隣地区(リチャード・ギーズ、ヒュー・バートン、マーカス・グラント)
SHAPING NEIGHBOURHOODS (RICHARD GUISE, HUGH BARTON, MARCUS GRANT)

 

koidebooks06_clip_image076この実質的に改訂された重要な第二版は、その懸念の中心に気候変動や肥満の問題を入れて、政府の政策と計画中の実践などの変化する議題に対応している。本書は、健全で持続可能な地域を計画する際の基礎となる原理を理解させ、多部門の協力に必要な協調的かつ包括的なプロセスが都市形態を伴った地域的需要とのマッチングにおいてノウハウとスキルを開発するよう計画させ、自然と開発を統合する新しい方法を発見させて特長のある場所を設計させ、良好な都市形態がコミュニティを導くことを認識させ、生活に適した持続可能な場所を成功裏に創り出せるよう、開発者に助言する。沢山の新しいケーススタディや研究が掲載されており、本書は、行政や投資家、コミュニティ等の間にある理論と実践の溝や異なる専門的な視点に関する橋渡しをしてくれる。

 

 

39. ビオホリック・シティズ(ティモシー・ビートレイ)
BIOPHILIC CITIES (TIMOTHY BEATLEY)

 

koidebooks06_clip_image078ビオホリックシティとは、生物多様性都市以上にシンプルなものであると、本書の著者であるビートレイは述べている。それは、自然から学び自然のシステムをエミュレートして、自然の形態をその建造物や街並みのイメージに組み込み、自然と共に計画設計された場所のことである。ビオホリックシティは、すでに存在している自然の機能だけでなく、失われたり劣化したりしてしまった機能も修復しようとするくらい自然の機能を大切に扱う。本書のなかでビートレイは、ビオホリックシティの本質的な要素について概説しているだけでなく、成功裏にビオホリックな要素を統合した都市の例やストーリーを世界中で建物から地域レベルまで挙げている。都市の生態系ネットワークと連なった都市のグリーンルーフシステムから屋上庭園や壁面緑化、歩道にある緑地まで、ビートレイは、ビオホリックな都市の計画設計という新たな実践を再評価し、灰色で死んだような都市を緑と生物多様性に溢れる都市へと変換するために努力している個人やグループの多くの魅力的な物語を伝えている。

 

 

40. エコロジカル・アーバニズム(生態学的都市化)(ハーバード大学監修)
ECOLOGICAL URBANISM (EDITED BY HARVARD UNIVERSITY)

 

koidebooks06_clip_image080気候変動や持続可能な建築、環境的に安全な技術などがますます話題になる一方で、都市の持続可能性をめぐる問題はそれほど発展していない。本書は、エコロジカル(生態学的)アプローチが、現代都市を是正するデバイスとして、また、新しい都市の組織原理として、緊急に必要とされているということを前提として書かれている。エコロジカルアーバニズム(生態学的都市計画)とは、どのような金融の集合体も持たない都市や、規模や学際的アプローチにおける流体のような世界観を持つ都市へのアプローチである。その設計のために、その環境と矛盾しない都市計画と生態系を接続し合成するための鍵を提供する。