Vol.188「ミツバチとコーヒー:気象変動におけるつながり」

コーヒー生産は世界中の何百万人もの小規模農家の生活を支え、ミツバチはコーヒー農場に授粉を提供しているた。 気候変動は、コーヒーや蜂の分布を変えて、コーヒーの生産を変える。
それらは、地球温暖化のシナリオ下で最大のコーヒー栽培地域、中南米への影響を研究者はモデル化しているものの、 将来のコーヒーに適した地域の3分の1以上がコーヒーの適性とハチ種の多様性が低下していることが判明しているが、将来的にコーヒーに適した地域では少なくとも5種のハチ種が存在する可能性があり、蜂の多様性はコーヒーの適性の低下から農家の損失を相殺することも期待できると言う。
bumblebees at flowers
他の地域では、蜂の多様性の損失はコーヒーの適合性を向上させる。 個の追跡結果は、蜂の授粉、コーヒーの適合性、潜在的な結合効果に合わせた反応的な管理戦略の必要性を強調しているようだ。
それでも、ミツバチは一種の受粉促進剤として働くコーヒーに関して重要な役割を果たす。 それらの仕事は、コーヒー植物が20-25パーセント多くの果物を生産することを意味している。 その余分な生産は、小さな農家が家族を支えるのに十分な利益を得ていることと、家族が食べられないことの違いを意味する。 そして、我々が飲むコーヒーの約80%は、小さなコーヒー栽培事業を営む人々によって栽培され、蜂の個体数は生産者と消費者の両方に健康的な問題をもたらす。

続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする

Vol.187「コーヒーを飲むべきですか:長所と短所」

コーヒーとの関係は、ほどほどで、簡単に言えば好きでも嫌いでもなかった関係を築いていた。だが、それは最近までの話である。 僕はコーヒーが「悪」だという事を20代の頃に先輩から警告を受けたことがあり、それ以来 、コーヒーを飲む人は、どんな人なのかよく知らない。イメージとしては不健康な人々だった。だから、僕はそれが始まらない方がいいと考えていた。 しかし、改めて見るとコーヒーが文化の重要な部分である海外の幾つかの都市に住んでいる経験があるのに理解していなかった。

最近、僕はコーヒーを飲む人に、あるいはコーヒーに興味を惹かれコーヒーに関する知識を学ぼうといくつかの書籍を読み懸命に調べることを考えるようになった。

一杯のコーヒー

あなたがそれなしで目を覚ますことができなくても、カップを一杯飲まなかったとしても、コーヒーは確かに面白い評判を持っている。(写真: flickr)

続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする

Vol.186「自然と言う:食品ラベルの詐欺」

食べ物のラベルにある「自然」の意味は何か:食品科学の観点からは、食品はおそらく処理され、もはや地球の産物ではないので、「自然」である食品を定義することは困難である。 つまり、米国食品医薬品局(FDA)は天然またはその派生語という用語の使用についての定義を作成していない。 しかし、食品の色、人工の味、合成物質が含まれていない場合、表現はこの用語の使用に反対していない。
「Food label」の画像検索結果
備考:FDAは、「自然」という用語の正式な定義を確立するための規則制定に関与していないが、人間の食品表示に「天然」を使用することに関する長年の方針を持っている。 FDAは、「天然」という用語は、人工または合成(ソースに関係なくすべての色の添加物を含む)が、通常その食品に含まれないと予想される食品には含まれていない、または追加されていないことを意味するとみなしています。   しかし、この方針は、農薬の使用などの食品生産方法に対処することを意図したものではなく、また、熱技術、低温殺菌または放射線照射などの食品加工または製造方法にも明示的に取り組んでいません。 FDAはまた、「自然」という用語が栄養上の利益または他の健康上の利益を表すべきかどうかを考慮しなかった。
 

続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする

Vol.185「消費者と有機農業」

消費者は、製品の安全性や品質を超えた生産方法が環境を大きく損なうことに気付いている。今日、それらは環境への影響をより深く検討するために、これらの生産方法の方向転換を望んでいる。ますます、環境保護は消費者に必要な条件となる。

一方で農家は、これらの新しい要件を考慮に入れれば、持続可能な生産しかできない。 このような観点から、より大きな環境負荷をもたらすイニシアチブと生産ルートはすべて、我々の関連にとってプラスの要素となる。これは主に有機農法の場合であり、消費者にとっては製品の安全性と品質に対する象徴でもある(備考:2015年ミラノ国際博覧会 (食・取材記録)。

「Les consommateurs et l'agriculture biologique」の画像検索結果

続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする

Vol.184 「バラの水を飲む理由」

クレオパトラの時代から使用されていて、それはストレスからアレルギーまであらゆるものを助けると考えられている。だとしたらバラの水を飲みたいと思うかもしれない?

名前もかわいらしい、それにはいくつかの驚くべき長所があるようだ。しかし、まず、その前に、その歴史から知るべきだろう。

バラの花びらとガラスのローズウォーター

ローズ・ウォーターは「花の王」と呼ばれる有名な植物であるバラ科植物の一種、「ローザ・ダマシン(Rosa damascene)(別名ダマスク ローズ)」に由来する。ダマスクのバラの抽出物は香りだけのためではない。この植物には、テルペン、グリコシド、フラボノイド、アントシアニンなどの健康に有益な効果をもたらすいくつかの成分が含まれている 。

テルペン (terpene) はイソプレンを構成単位とする炭化水素で、植物や昆虫、菌類などによって作り出される生体物質である。 もともと精油の中から大量に見つかった一群の炭素10個の化合物に与えられた名称であり、そのため炭素10個を基準として体系化されている。

*化学においてグリコシド結合(glycosidic bond)とは、炭水化物(糖)分子と別の有機化合物とが脱水縮合して形成する共有結合である。 具体的にグリコシド結合とは、単糖(または単糖誘導体)のヘミアセタールとアルコールなどの有機化合物のヒドロキシル基との間の結合である。

フラボノイド (flavonoid) は天然に存在する有機化合物群で、クマル酸CoAとマロニルCoAが重合してできるカルコンから派生する植物二次代謝物の総称。 いわゆるポリフェノールと呼ばれる、より大きな化合物グループの代表例。

*アントシアニン(anthocyanin)は、植物界において広く存在する色素、アントシアン(英: anthocyan、果実や花の赤、青、紫を示す水溶性色素の総称)のうち、アントシアニジン(英: anthocyanidin)がアグリコンとして糖や糖鎖と結びついた配糖体成分のこと。高等植物では普遍的な物質であり、花や果実の色の表現に役立っている。フラボノイドの一種で、抗酸化物質として知られる。 続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする