Vol.200「景観の想像力」

過去20年間の間でジェームズ・コーナー(James Corner)の著書は、これほど難解なランドスケープの媒体を発見する旅を呼びかけるものだった。 当時の最も著名なランドスケープ・アーキテクトの一人として、彼の著作は、彼の建造された作品と同じくらい、フィールドを進歩させる手段でもあった。

この景観の想像力は、1996年に出版されたアメリカ景観を横断して以来、Corner自身のエッセイだけで構成された最初に書かれたプロジェクトである。この2つの本の間の20年間で、Cornerはここに集められたエッセイを書いている。彼の象徴的なデザイン作品(例えば、ニューヨークのハイライン)は、Cornerの幅広く語られた風景を彷彿とさせるときに、文化の中での風景の深い役割を豊富に徹底的に評価する。

「景観の想像力」は、Cornerの進行中の調査の分野に従ってまとめられたエッセイを用いて、時間的によりもテーマに沿って編成されている。「表現と創造性」「景観都市主義」実践。エッセイの多くは数年前に書かれたものだが、コレクション内での順序付けによって新鮮なものになっている。

Cornerが「景観の想像力」と呼んでいることを実践するためのメディアの理論的側面を結びつける前節では、それぞれのセクションは、重要なエージェントと社会的行動の一環として描かれている。「景観の想像力」の目標は、自然界との関係でコーナーは、景観は自然と文化の大きなメディエーターであると主張している。なぜなら、時間とともに自然のプロセスを呼び出すのですが、基本的には文化的構築物なのです。 「現代的な疎遠を和らげ、現代的な疎外を調和させることができる」と語った。しかし、景観を「景観の対象物、恵まれない資源、科学的な生態系としての移転された場所」から解放するためには、景観の想像力が必要である。コーナー自身の旅で実証された、「景観の想像力」を引き出すためのツールについての会話である。

それぞれのエッセイでは、景観の想像力は景観建築を妨げる単純なバイナリに対抗し、解体する。芸術対科学、文化対自然、都市対景観、理論対実践、技術対動機づけ、想像対対立、現象対技術、伝統対現代。Cornerは、これらは実際には二分法ではなく、関連する – 基本的であっても、景観の想像力にさえも、と主張している。 景観の想像力は、通訳と普及の両方の通訳と仲介の両方であり、会話と状況の両方、対話と熟考の両方である。 それは、地方と世界の間、回復と発明の間、過去の継承と将来の可能性との間を仲介する。これらのエッセイは、風景の想像力を偉大な交絡として捉え、その中で無限の可能性を見つけることによってバイナリを制限することを超越することができる。

これらのエッセーにあるアイデアの影響を受けた作品が今作成されているため、Cornerの著書を評価することで、Cornerの文章をよりよく理解することができる。

例えば、「サウンディングの深さ – 起源、理論、および表現」(1990)は、新しい理論がなぜこの分野にとって重要であるかを論じながら、景観の建築を制限するいくつかの二分法を探究している。次のエッセイ「現代理論の3つのティラニー」(1991)では、Cornerは、我々の反復的、公式、および懐古的な世界における意味の欠如を克服するために、景観建築理論への解釈学的アプローチを提案する。 解釈学は社会科学から借用され、テキストの歴史的解釈を通して世界を理解する方法である。Cornerは、景観を自明なものとして理解しようとするのではなく、その複雑さには解釈が必要であると提案している。景観建築の批判的行為 – 絵画を描くこと、執筆すること、または建てること – をバイナリ内の無限の新しい可能性を明らかにするテキストのように読み、解釈することができる。

例えば、過去の懐かしい再現、客観化された絵画像、都市からの牧歌的な休息など、いくつもの理論的バイナリで再現されたニューヨーク市のハイライン(Cornerプロジェクト)を描くことが可能である。下の通りのグリッドに優先順位を付けるために破壊した。これらの景観のいずれかから高架線が近づくと、最終作品は都市と都市景観のユニークな視点を提供しない。過去を保存したり再作成したりするのではなく、ハイラインを新しい可能性のために採掘した。このように、ハイラインは活発で今までにない街の伝統の代表となった。

Cornerのアイデアは、時間の経過とともに執筆が進むにつれて、いくつかの異なる方法で進化していた。 彼は、本の紹介の中で、表現主義から手段慣行へ、景観から一般的には景観、そして都市景観の一形態としての公園や広場から景観への変化からいくつかを特定する。他の変化は、エッセイ自体を介して作業中に明らかになる:想像モデルとしての比喩や表現のエコロジーへ、そして「創造のエージェント」としてのコミュニティ参加の徐々に特定する。これは、Cornerの世界観におけるエコロジーと同等の立場にある地域社会の関わりを示すようだ。

Cornerは、デザインの創造性が環境問題の解決(ノウハウ)と審美的な外観(景観)に還元されている間に、客観的かつエコロジー的な生態学モデルからより多くを引き出すことによって、文化対自然の問題のバイナリを複合化する職業を批判している。(2003年)と「Terra Fluxus」(2006年)では、文化と自然が相乗効果を発揮する「culturally animate ecology」を求めている。Cornerは、最新のエッセイ「Practice: Operation and Effect」(2010年)では、デザイナーが想像力と革新をサポートするプロセスで、公然と生産的に公的に参加するための洗練された会話型、社会的、修辞的スキルを開発する必要性を述べている。 「コミュニティ」の関わりが創造性の代わりとして認識されているため、Cornerは今後もこれらのスキルを開発する際の風景の想像力の役割を書面と実践で探求している。

この本の最後のエッセーは、「Hunts Haunts: History, Reception, and Criticism on the Design of the High Line(ハンツ・ヘンツ:歴史、受容、ハイラインのデザインに関する批判)」と題された未発表のコラムであるが、John Dixon Hunt’s(ジョン・ディクソン・ハント)の著書のレンズを通したハイラインの評価である。またCornerが書いた作品や完成した作品を望んでいることを期待している。 Cornerは、 Hunt’sと彼が長年にわたり同じように夢中になっているような 「haunting」風景についての彼の著書を描いている。 彼らの想像を絶する残念な存在、または「不安」は、Cornerが彼自身の文章を通して、そして最終的には彼の建造された仕事を通してそれらをさらに探求するよう促した。 彼は人間の想像力に、いくつかの風景の魅力的な品質を挙げている。 ここでCorneの「風景の想像力」がどのようになったのかを見て、簡単な定義を逃すという場所をつくるという彼の目標をより良く理解しなくてはならない。ハイラインのような永続的な存在場所に遭遇する。

「景観の想像力」は、Corneが独自に開発した長時間の尺度の中核的測定値である。 Corneの理論は成功し、時には失敗することもあるが、実地のバラエティと共に、景観のメディアを扱う人々の思考や行動を解放する。景観建築には現代的な声がほとんどなく意図的に定式的な答えを提供するのではなく、むしろ自由な解釈を目指す。 この最新の作品は、厳密な読みはしているが、私たちの前提に挑戦し、景観の可能性についてのオープンな心を維持するよう促している。

追記:ランドスケープアーバニズムとは、景観都市計画では、都市を整備するための最善の方法は、その都市に建築の設計によるものであるのははな、街の景観・ランドスケープデザインであると主張する都市計画の理論である。

「ランドスケープアーバニズム」は1990年代半ばに登場したフレズである。この時以来、語句「ランドスケープアーバンニズム」は、ほとんどの場合は近代建築と近代都市計画批判として展開したポストモダンの欠点に対応してされているニューアーバンニズムとも離れて、包括的なビションからの転換、そして要求のためなど、多種の用途で使用されてきた。

語句「ランドスケープアーバニズム」は、第1にピーター・コノリー率いる、RMIT大学メルボルン都市デザイン学専攻の学生の作品に登場した。1994年には、コノリーは、RMITメルボルンでの彼の都市基本設計の提案タイトルにこの言葉を使用していた。ここでは、「ランドスケープアーバンニズムの言語はほんとん存在、関節が必要」として「「既存アニバームでは風景の探査が限られている」ということを示唆した。年のエッセイ、ビッグパークについての101のアイディアでは、「都市計画」の意味として「ランドスケープ」の言葉を使用していた。

1990年代後半から、このフレズが、デトロイトのような少子ポスト工業都市で、都市再編成を参照するために造園家によって、米国で使用された。2000年代から、大規模インフラストラクチャー、ハウジングとオープンスペースを統合する非常に柔軟な方法を意味するために今度は建築家によってヨーロッパーで使用された。2000年代後半では、フレイルスはオリンピック公園の設計などの高度に商業化、多相都市公園、関連付されていることとなった。

 

2+