Vol.199「ファーストフード廃棄物の削減、再利用、リサイクルの進展が遅い」

いくつかのファーストフードチェーンは自主的に廃棄物を削減しているが、これからは厳しい規制が必要だ。

ファーストフードチェーンは、毎日使っている膨大な量の紙とプラスチック、フォームを元に戻したり、少なくともリサイクルしたりしていますか?環境に優しい市民になるための法律や規制はあるのか?
残念なことに、現在米国では、ファーストフードチェーンで廃棄物を削減、再利用、リサイクルするための連邦法や規制はない。

あらゆる種類の企業は、リサイクルする必要があるものと廃棄することができるものに関する州の法律に常に従わなければならない。少数の市町村では、ビジネスに正しいことを強いるように特別に設計された地方の法律があるが、それほど多くはない。
包装材や廃棄物の削減に関しては、ファーストフード事業ではいくつかの進歩があるが、いずれも自主的であり、通常は緑グリーングループからの圧力を受けている。

マクドナルドは1989年、環境保護者の要請を受けて、ハンバーガーの包装をリサイクル不可能な発泡スチロールからリサイクル可能な紙のラップと段ボール箱に切り替えた。同社はまた、漂白紙袋を未漂白の袋に置き換え、他のグリーンに優しい包装の進歩をもたらした。

いくつかのファーストフードチェーンが廃棄物削減に関する漠然としたポリシーを提供
マクドナルドとペプシコの両方が、環境問題に対処する内部ポリシーを作成した。

ペプシコは、「天然資源の保護、リサイクル、原材料の削減、汚染防止のための清浄な空気と水の確保、埋立廃棄物の削減」を奨励しているが、具体的な行動について詳しくは述べていない。

マクドナルドは、同様の一般的な声明と主張を「輸送用車両、暖房などのためのバイオ燃料への食用油の転換を積極的に追求し、オーストラリア、スウェーデン、日本、イギリス。カナダでは、トレー、ボックス、バッグ、ドリンクホルダーの「業界で最もリサイクルされた紙を使用している」と主張してる。

ファーストフードのリサイクルプログラムは、廃棄物を削減してお金を節約できる。いくつかのより小さいファストフードチェーンは、リサイクル努力の賞賛を得ている。例えば、米国環境保護庁(EPA)から、紙、ボール紙、ポリスチレンを21店舗のチェーン全体でリサイクルする管理者賞を受賞した。積極的な注意を払うだけでなく、同社のリサイクル活動は毎月のごみ処理費用の節約にもつながる。

ファストフードのリサイクルが必要な地域は少ない。しかし、このような努力にもかかわらず、ファーストフード業界は依然として大量の廃棄物を生み出している。一部の地域社会は、ワシントン州シアトルでは、2005年に条例を制定し、リサイクル可能な紙や厚紙を処分することを禁止した。

アジアでは、台湾はファーストフードの廃棄物に厳しいラインを取る。おそらく米国や他の地域の政策立案者は、2004年以来、600軒のファースト・フード・レストランが顧客のリサイクル品の適切な処分施設を維持することを要求し、台湾をリードする可能性がある。

ダイナーは、残った食品、リサイクル可能な紙、通常の廃棄物および液体のために4つの別々の容器にゴミを預けることを義務付けられている。「ごみ分別の割り当てを完了するために顧客は1分以内で済む」と環境保護管理者の担当者は、このプログラムを発表した。

追考:年末年始の京都の中で、神社仏閣の参道沿いの屋台で、観光客(中国系)の人たちが群がり、それらの食品を食べながら歩いているのを避けながら歩いた。ごみは散らかる。あなたは、それらを見て何を思うのだろうか。

1+