Vol.192「ネオニコチノイドは蜂を殺しているか?」

ネオニコチノイド殺虫剤がミツバチに及ぼす影響に関する研究の報告書と、行動のための勧告。
Jennifer Hopwood、Mace Vaughan、Matthew Shepherd、David Biddinger、Eric Mader、Scott Hoffman Black、Celeste Mazzacano。

ネオニコチノイド(英: neonicotinoid)とミツバチの死滅との間の可能性のあるつながりが、米国とヨーロッパの間で論争を招いている。養蜂家や環境保護者は、ネオニコチノイドが植物組織に吸収され、花粉や蜜に存在して花粉症に有毒であるという事実に基づいて、ネオニコチノイドの影響について懸念を表明していた(ネオニコチノイドは、クロロニコチニル系殺虫剤の総称。 ニコチン様物質を意味し、イミダクロプリド、アセタミプリド、ジノテフランなどが該当する。 現在、農薬として世界100カ国以上で販売されている)。

この報告書は、ネオニコチノイド殺虫剤のミツバチおよび他の重要な花粉症剤への潜在的な悪影響を詳述している。また、蜂をより良く保護する方法についても推奨している。

キーポイント

  • ネオニコチノイドは植物に吸収され、維管束を介して伝達され、植物自身が昆虫に毒性を与える。
  • 家庭用および園芸用の製品は、観賞用および景観用の植物に、農作物用に認可されたものよりも32倍高い割合で適用することがある。
  • 現在承認されている製品のミツバチの安全性を再評価し、すべての条件付き登録を直ちに停止する必要がある。

ネオニコチノイド農薬は、1990年代半ばに最初に登録された。 それ以来、これらの化学物質は、農作物、観賞用の景観植物、および樹木での使用に広く採用されている。 ネオニコチノイドは全身化学物質である。 それらは植物に吸収され、血管系を介して伝達され、植物自身が昆虫に毒性を与える。

ヨーロッパとアメリカの間では、ミツバチの死につながる可能性があり、ネオニコチノイドは議論の余地があった。ヨーロッパのいくつかの国では、トウモロコシ、キャノーラ、ヒマワリなどの作物にネオニコチノイドを使用することを再検討していた。米国やその他の国では、多数の意見書、ドキュメンタリー映画、キャンペーンが禁止対象となっている。

この種類の殺虫剤がミツバチやネイティブミツバチなどの昆虫に寄生することへの影響は懸念の原因になる。それらは植物に吸収されるために、ネオニコチノイドは花粉や蜜に存在することができる、これらの花の資源はそれらを食べる花粉媒介者に有毒にする。植物におけるネオニコチノイドの持続的な存在は、最初の施用が開花期の外に行われた場合でも、これらの化学物質が受粉者に害を及ぼすことを可能にする。 さらに、ネオニコチノイドは土壌中および植物中で非常に長期間持続する。

この報告書は、ネオニコチノイドがキルビンズであるという科学的な報告書の概要を提示していますか?ネオニコチノイド殺虫剤がミツバチに及ぼす影響に関する研究のレビュー、ミツバチに対するこれらの殺虫剤の影響に関する研究を報告する行動勧告である。

明確に文書化された事実ミツバチのネオニコチノイドへの曝露

    • 花粉や蜜に含まれるネオニコチノイドの残留物は、蜂のような花に棲む昆虫によって消費される。残留物の濃度は、状況によっては致命的なレベルに達する可能性がある。
    • ネオニコチノイドは、1回の施用後数ヶ月または数年間土壌中に持続することができる。適用後6年までの間、木質植物において測定可能な量の残留物が見出された。
    • 未処理の植物は、前年からの土壌中の化学的残留物を吸収し得る。
  • ミツバチへの影響家庭および園芸用に認可された製品は、農作物用に認可された製品よりも有意に高い(潜在的に32倍高い)率で、芝生だけでなく観賞用植物にも適用することがある。
  • 作物に適用されるネオニコチノイドは、隣接する雑草や野生の花を汚染する可能性がある。
  • イミダクロプリド、クロチアニジン、ジノテフラン、およびチアメトキサムは、ミツバチに対して非常に有毒である。
  • 植物がネオニコチノイドを吸収した後、それらは化合物をゆっくりと代謝する。結果として生じる分解生成物のいくつかは、元の化合物よりも等しく毒性であるか、またはミツバチに対してより毒性である。
  • 亜致死レベルのネオニコチノイドに暴露されたハチミツは、飛行とナビゲーションの問題、味覚感度の低下、餌探索能力に影響を与える新しい仕事の学習の遅れを経験することがある。

バブルミツバチへの影響

  • 実験室の研究は、イミダクロプリドおよびクロチアニジンがバンブルバンに対して非常に有毒であることを実証している。
  • 亜致死量のネオニコチノイドに暴露されたバンブルウ蜂は、食物消費、生殖繁殖率、労働者の生存率、および飼料摂取量の減少を示す。
  • 種子処理された作物に見られるレベルでイミダクロプリドに暴露されたバンブルバンは、新規クイーンを85%減少させ、コロニー増殖率を有意に低下させた。ネオニコチノイドへの曝露は、バチの巣の集団に多大な悪影響を及ぼす。

孤独なミツバチへの影響

  • クロチアニジンまたはイミダクロプリドスプレーは、ブルーオーチャードおよびアルファルファリーフカッターミツバチに対して有毒である。
  • アルファルファ葉のイミダクロプリド噴霧残留物は、アルファルファ葉刈り機およびアルカリ蜂の死亡率を増加させる。

研究の推論「受粉者への影響」

  • 種子処理からの残留農薬はミツバチの蜂巣に見出されている。ネオニコチノイドで処理したトウモロコシの種子は、米国で毎年何百万エーカーも植えられている。この暴露が蜂に及ぼす影響の全範囲はわかっていないが、トウモロコシの畑に近い蜂は致命的なレベルの擦り傷の種子被覆や粉塵と接触し、蜂は汚染された花粉を集める可能性があり、種子処理された畑の周りに生育する植物(例えば、雑草)は、全身的な殺虫剤で汚染される可能性がある。
  • ネオニコチノイドとコロニー崩壊障害として知られるミツバチ症候群との直接的な関連性は示されていない。しかし、最近の研究によると、ネオニコチノイドは、蜂の蜂を寄生虫や病原体に対してより感受性にする可能性があり、腸内寄生虫であるノセマ(Nosema)がCCDの原因因子の1つとされていた。

推奨事項

ミツバチは、農業、自然生態系、生物多様性全体の支援に不可欠なサービスを提供しています。大規模かつ成長しつつある研究の結果、ネオニコチノイド殺虫剤は複数のハチ種に害を及ぼすことが示されている。この報告書の結果に基づいて、無脊椎生物保存協会は6つの主要な提言を行う:

  1. ネオニコチノイド殺虫剤を含む製品の現在承認されている用途のミツバチの安全性は再評価されるべきであり、すべての条件付き登録はミツバチへのリスクの管理方法を理解するまで直ちに停止するべきである。ネオニコチノイド殺虫剤への暴露によるリスクは、代わりの防除手段によって蜂にもたらされるリスクに対して科学的に評価される必要がある。イミダクロプリド、クロチアニジン、ジノテフラン、チアメトキサムの使用は、リンゴやブルーベリーなどの昆虫受粉作物、トウモロコシ、綿花、大豆などのハチミツ作物、トウモロコシなどのシードコート作物この殺虫剤は植え付けプロセス中に広く広がる。
  2. 商業用および農業用アプリケータで使用されるすべてのネオニコチノイド製品には、花粉や蜜が汚染された独特の曝露問題を含む、蜂や他の花粉症に対する危険についてのラベルに明確な警告を含める必要がある。これは庭や装飾用の製品で特に重要になる。ラベルには現在ハチの危険性が記載されている。              
  3. 庭、芝生、または観賞植物で使用するために住宅所有者に販売されている製品には、「この製品を使用すると、花粉や花粉が花粉症に有毒になる可能性がある」という警告ラベルが貼られている。
  4. 米国環境保護庁は、すべてのライフステージにおけるミツバチ、バンブルウ、孤立したミツバチのリスクに適切に対処する包括的な評価プロセスを使用して、新しい農薬を承認するためにより慎重なアプローチをとるべきである。
  5. 研究施設は、特定の作物や観葉植物に使用するために登録する前に、花粉や蜜のネオニコチノイド残渣のレベルへの施用率、施用方法、標的植物種、環境条件の影響を調査する必要がある。
  6. 議会、規制当局、および地方自治体の指導者は、ネオニコチノイドおよび他の殺虫剤の使用を、観賞用および風景用植物の化粧目的で禁止することを検討するべきである(カナダのオンタリオ州で現在禁止されている)。装飾品や景観植物、芝生の承認申請率は農作物よりもはるかに高い場合がある。
2+

Kanehisa.Koide について

2005年55歳の春、東京の街を離れた。 人間の利害関係は、特に目先の欲にかけては、それこそすばしっこい者が多いが、自分を大成するのに役立つ貴重な問題を捕えたり、自分に潜在している大切な能力を発揮する段になると、案外鈍な者のように振る舞うが二枚舌を持つ。 時々見かける人物で、朝起きて新聞を見ても、さほど深刻でないニュースの活字が並ぶ記事を特に珍しくもないスキャンダルや政治家の揚げ足取りには我先にとお題目のように唱える。ついでに汚職に賄賂は、傲慢な企業と政治家の特権と問題をすり替える。どこにいても、隣近所の挨拶もせぬ社会の中で、集団では行動をとり、またすぐ引く。もっと人間の根源に関わる大切な言葉などとは程遠い社会の中で生きていく。 最近の若い者は、イベントは細目に見に行くが、親の顔はめったに見に行かない。つまらぬ「問題小説」は買いに走るが、良書を教えてもなかなか買いに行く暇がないと言う。愚劣なことには頭も体もよく働かせるが、貴重なことにはとんと怠慢なのが世の常である。 さて、今日も一日元気でいることが何より。本音で語るも、本音で生きていきたいと願い、空を見上げてお天道様と相談である。
カテゴリー: 都市環境 パーマリンク