Vol.191「レジリエンス計画の中心に情報、透明性、コミュニティを置く方法」

レジリエンスは確かに私たちの時代の流行語であるようだ。しかし、より大きな不確実性とリスク、より規則的な衝撃と危機の時代を兆している。数人のコメンテーターが主張するように、多かれ少なかれ回復力の普遍的な捉え方自体が、個人、家庭、およびコミュニティに行動の負担をかける一方で、国家の全身的な失敗からの注意を逸らしつつ、新自由主義の議題に適合する課題を、フレーミングする方法である新興の脆弱性やリスクに貢献している市場である事も確かなようだ。この記述では、コミュニティレベルでの運営方法に関するガイドブックを検討する必要がある事から記述する。

現在、多くのガイド、ツールキット、およびツールボックスが増えているが、明らかに必要があると感じる。一方で、正確には回復力が何を意味するのかを知ることはしばしば困難である。確かに、人々にそれらの回復力が何を意味するのかをそれら自身の言葉で説明するよう促すキャンペーンが最近数多く行われている。が、ここでは、回復力はすべての人にすべてのものを意味するように、また、すべて何も意味しないという危険性もあると言うこと。建物の回復力を導くために、いくつかの試みが現在ある中で、その多くはコミュニティのレベルに焦点を当てていることである。

ここでは、回復力とコミュニティという2つの強力な流行語が集まるが、しばしば批判的な反省はほとんどない。 両方の言葉は、社会的および生態学的理論からのより技術的な意味だけでなく、肯定的な意味合いと日常の意味を組み合わせている。それ らが公的政策の領域に入るとき、(時には)予期せぬ政策の物語の全範囲をサポートすることができる。 レジリエンスとコミュニティの両方は、しばしば自分の足元に立つ出来事で、ショックや危機に直面して物語になるという話に関連している。 そういうものとして、危機の原因や、しばしば政治的変革の必要性、そして支援を提供する際の国の役割の必要性から注目を逸らすことができる。

コミュニティレジリエンスビルディングは、概念的かつ談話的な泥沼を開く。意味のある行動をどのように操縦するかが明らかに必要である。反発理論、談話、実際の迷路を自分の道を働くことであるチャレンジは、おそらくガイドブックへの必要性がある。ツールの各セットは、利用可能な他のものからそれらをマークする革新的なアプローチで、ユニークな視点を提供するように設計されている。しかし、提案されていることが何か新しいものであるかどうかは、しばしば不明となる。

カバー気候に関連した衝撃や危機の拡大に伴い、衝撃や危機に直面しても回復力を構築することは確実に良いことであり、これが意味することと実現する方法を理解する助けとなる。

「Planning for Community Resilience:コミュニティレジリエンスの計画」は、災害を減らすためのハンドブックは包括的な本であり、200ページ以下で構成されている。

この本は、冒頭の章で衝撃を起こさない新興の脅威についての説得力のある説明から始まる「大災害の時代」。次に、回復力の準備に対する全体的なアプローチ、つまり本自体の構造を形成する7つのステップのプロセス :整理する; 接続する。 評価する。 想い; 優先順位をつけ 実装、 監視、評価および更新する。

これは、本の内容の基礎であり、プランナー、市民、研究者、および他の関係するステークホルダーをコミュニティ規模のレジリエンス構築プロセスに導くための一連の練習がある。ここでの動機付けの一部は、生態学的対応に重点を置く可能性のあるソフトソリューションや、基本的な計画の弱点に対処する構造インフラストラクチャソリューションを強調する現行の災害管理プラクティスを克服することにあるようだ。

しかし、この本は広範な調査と分析、災害の徹底的な死後、特にテキサス州ガルベストンの経験に基づいている。 このような調査の洞察をアクセシブルハウツーガイドブックに提示することは、2つの非常に異なる読者層の期待に合わない可能性がある、ストライキとのバランスが難しいことにつながる。

コミュニティレジリエンスのための計画は、災害を減らすためのハンドブックは別の世界への旅のようなものである。アジアの大都市の一つに座って、洪水の激しい洪水からわずか数年後に干ばつに近づいている。本書は、実際の計画が起こっているように見える計画の状況についての洞察を提供している。法律は土地利用計画、ゾーニング、建築基準と連動していた。コミュニティは公共財源にアクセスし、権利と組織能力を備えている。アカウンタビリティと透明性の程度がどこにあるのか。私は違いを驚かせることはできないが、米国以外の世界の他の地域へのハンドブックの適用性についても疑問を呈している。

これは明らかに不公平である。このハンドブックは、ほとんど知っていない世界の一部を対象としている。それにもかかわらず、限られた能力と財源を持つより疎外された、より貧しいコミュニティや地方自治体の当局が、他の要求や圧力に直面しながら、コミュニティの回復力の構築プロセスを開始するかもしれないと思うが、いくつかの点では、ハンドブックは包括的であり、それはあまりにも馴染みのある方法で、タスクが圧倒的に見えるようにしている。多くの詳細な分析、マッピングがあれば、どこからでも始められるショートカットが適用されたり、変更されたりする可能性がある。本書全体を通じて、コミュニティの回復力の基礎としての公的関与のプロセスを構築することに重点が置かれている。そのような重点は大歓迎である。

著者たちは、公共の参加と包括的なプロセスの重要性を強調しながら、コミュニティの動態と差別化を理解し計画する必要性を指摘している。あまりにも多くの回復力の執筆は、多くの場合、勝者と敗者とそれぞれの選択をする必要性を見落とす専門家のためのむしろ管理的で技術的な演習として提示している。ステークホルダーを動員できるプロセスと技術的次元を橋渡しし、パブリックドメインに選択肢を置く方法についてのこのような洞察を見つけることはあまり一般的ではない。

この本は、レジリエンスの定義を議論することに加えて、レジリエンス理論の主要概念のいくつかを概説し、コミュニティスケールの行動にどのように適用できるかという利点を得ていました。例えば、本書は、水、食糧、エネルギー、輸送、廃棄物といった重要な都市システムの深い議論とインフラと技術に関する依存都市を強調する批判的理論の解説の恩恵を受けていただろう。相互依存関係と相互依存関係の問題 場所を超えたショックや危機のカスケード影響。これらが必要とするますます複雑になっている制度的な取り決め。同様に、安全性障害、冗長性、多様性などの回復力の特性に関する情報を含めると、本の後半のセクションの一部を構成するのに役立つかもしれない。このレジリエンスの特性の分野では、回復力理論について新しいことの多くがより意味深くなり、ショックや危機の結果として起こる可能性のある障害を管理するために都市システムを再構築し直すことを意味すると考えられる。フェイルセーフな都市システムの非現実的な希望を管理するのではない。

ハンドブックは、計画の長いステップバイステップを通じて読者を夢中にさせる。テーブル、写真、グラフィックスが散在していて、よりアクセスしやすくするために、各ステップを案内する膨大な情報がある。これは徹底したセクションですが、自分の道を通るためにはいくらかの忍耐が必要だ。膨大な量のデータと情報、分析ツール、およびプロセスを必要とする膨大なデータ集約型の方法を詳述している。著者は、これが圧倒的であり、データニーズが満たされる方法を指摘しようとしていることに気づいているようだ。

この本は、豊富なリソースにアクセスできるプランナー、市民、研究者、および証拠に基づく計画プロセスの読者を対象としています。私はこれが米国全域のコミュニティの状況であるとは確信していない。確かに、世界のほとんどの地域でそうではありえない。この本は、米国自身の社会が疎外されているという事実と、それがどのように公表されているかを考慮することによって強化されている可能性がある。

明らかに、データと情報の必要性と、市民によって計画されているだけでなく公的であるプロセスの必要性との間に打ち寄せる必要があるバランスがある。より志向的な観点からアプローチすると、本書は世界の他の地域で働く人にとって価値がある。限られた(主にアクセスできない)データのベースラインからでも、本書に記載されている従事プロセスは、公的所有のデータを生成し、権限を与えることができ、育成できる公共空間を開くための別のタイプの計画革新性を重視し、それによってレジリエンス・ビルディングが無視する傾向がある中核的な(そして政治的な)懸念の一部に取り組んでいる。

 

0

Kanehisa.Koide について

2005年55歳の春、東京の街を離れた。 人間の利害関係は、特に目先の欲にかけては、それこそすばしっこい者が多いが、自分を大成するのに役立つ貴重な問題を捕えたり、自分に潜在している大切な能力を発揮する段になると、案外鈍な者のように振る舞うが二枚舌を持つ。 時々見かける人物で、朝起きて新聞を見ても、さほど深刻でないニュースの活字が並ぶ記事を特に珍しくもないスキャンダルや政治家の揚げ足取りには我先にとお題目のように唱える。ついでに汚職に賄賂は、傲慢な企業と政治家の特権と問題をすり替える。どこにいても、隣近所の挨拶もせぬ社会の中で、集団では行動をとり、またすぐ引く。もっと人間の根源に関わる大切な言葉などとは程遠い社会の中で生きていく。 最近の若い者は、イベントは細目に見に行くが、親の顔はめったに見に行かない。つまらぬ「問題小説」は買いに走るが、良書を教えてもなかなか買いに行く暇がないと言う。愚劣なことには頭も体もよく働かせるが、貴重なことにはとんと怠慢なのが世の常である。 さて、今日も一日元気でいることが何より。本音で語るも、本音で生きていきたいと願い、空を見上げてお天道様と相談である。
カテゴリー: 都市環境 パーマリンク