Vol.190「グリーンインフラの教科書」

複数の規模のコミュニティにグリーンインフラが可能であり、必要。ほぼすべての人が都市緑化の様子と日々の生活に必要な量を知っているが、GIとも呼ばれる「グリーンインフラ」として考える必要がある理由はほとんど理解できていない。

この新しい用語は、緑の地域が人々に多くの異なる価値を持っていることを認識し、環境的、無形の環境的、社会的、経済的利益を提供する方法として浮上しました。 都市基盤では、緑地はグレーインフラストラクチャーと同じくらい重要であり、専門知識を持って扱い、世話をする必要がある。

GIがコミュニティの日常生活の一部を形成することを考慮すると、誇張されていない。 水の供給を保護し、洪水や土砂崩れを防ぎ、汚染された空気や水域を浄化し、生物多様性を保ち、炭素隔離による気候変動を緩和し、気候の快適性と公衆衛生を改善し、レクリエーションの機会を与え、 プロパティ値も増加する。

カレン・ファイアホック( Karen Firehock )は、豊かな経験を生かして、グリーン/ブルーやグレーの景観や異なる分野(計画、景観建築、林業、生態学、交通、健康)などをつなぐ必要性に関する既存のアイデアに対処するために、 彼女は簡潔で、よく説明された、そして読みやすいマニュアルを通してそれを行う。

環境サービスの観点からグリーンインフラを想定した他のアプローチと同様に、このレポートは、地域社会の福利を損なうことなく伝統的な経済成長と発展を可能にする環境保険政策と定義している。

カバーこの本は、保存や復元に重要なランドスケープ機能を決定する際のガイドと、目標の設定、データのレビュー、マップの作成、リスクの評価、機会の決定と実装の必要性を強調して段階的に行う方法を決定している。GI戦略を作成する際には、既存の自然や文化のリソースを特定し、評価し、特有のものや現在と将来のニーズに最も適したものに優先順位を付ける必要がある。

7章では、GI計画の概要、GIを記述するために一般的に使用される用語(第1章)、GI計画プロセスを実施する理由(第2章)、およびイニシアチブの組織化に必要な手順異なるステークホルダーの関与を伴う複数の尺度(第3章)。

第4章は主要な章である。ここでは、実装が容易なGI戦略を作成する方法について40ページを超える。第5章は、米国から複数の尺度で、地域から始まり、郡、そして都市にスケールダウンし、バージニア州の地方の流域で終わる例を示している。地域規模では、地方政府、州と連邦機関、市民団体を結びつける共同プロジェクトとして、リッチモンドの地域優先順位マップがどのように作成されたかを示していた。このマップは、河川に沿った自然の回廊が将来の計画と管理のための重要なツールであることを示しています。郡の規模で、著者は、フィールド訪問や多様なステークホルダーへのインタビューに基づいて、バージニア州のNew KentでGIマップがどのように作成されたかを説明します。都市スケールの例は、小規模な流域、通り、

プロジェクトの成功を保証するために住民と計画者を関与させることの重要性は、第6章で十分に開発されています。Firehockは、主要なメッセージの例とともに、コミュニティ支援の構築方法に関するオプションとアイデアを提供します。13の短い声明を用いて、彼女は、潜在的なGI作成者が提案されたプロジェクトを行うことのメリットについて望んでいるという議論の中心に到達する方法を示します。いくつかの例を挙げると、重要なメッセージには、戦略的GI計画を成功させているコミュニティの数が示されています。彼らは、個人金融、投資、不動産価値、雇用、レクリエーションと事業、生活の質、生態学的理由、保護地域、社会的利益に関連する問題に取り組んでいます。

本書は、R Andrew Walkerによる自然なインフラストラクチャの関連データとメトリックを含むテーママップの作成に関するガイダンスで終わります(第7章)。

戦略的な緑のインフラストラクチャーの計画:マルチスケールのアプローチは、グリーンインフラセンター(Green Infrastructure Center)の長年の成果であり、NGOは政府機関やコミュニティに、自然資産の保全による開発の管理方法をアドバイスします。共同著者は、GISのアナリストと空間計画家である。

このガイドでは、プランナー、開発者、都市管理者、ランドスケープアーキテクト、建築家、科学者、土地の開発や保全に関心を持つさまざまな人々に対処している。シンプルで楽しい文章は、教授、学生、市民団体、保護者にとって価値がある。米国から与えられた例は世界中で適用可能であるJxdaネットワークは、これらを基に日本版を出版予定である。

1+

Kanehisa.Koide について

2005年55歳の春、東京の街を離れた。 人間の利害関係は、特に目先の欲にかけては、それこそすばしっこい者が多いが、自分を大成するのに役立つ貴重な問題を捕えたり、自分に潜在している大切な能力を発揮する段になると、案外鈍な者のように振る舞うが二枚舌を持つ。 時々見かける人物で、朝起きて新聞を見ても、さほど深刻でないニュースの活字が並ぶ記事を特に珍しくもないスキャンダルや政治家の揚げ足取りには我先にとお題目のように唱える。ついでに汚職に賄賂は、傲慢な企業と政治家の特権と問題をすり替える。どこにいても、隣近所の挨拶もせぬ社会の中で、集団では行動をとり、またすぐ引く。もっと人間の根源に関わる大切な言葉などとは程遠い社会の中で生きていく。 最近の若い者は、イベントは細目に見に行くが、親の顔はめったに見に行かない。つまらぬ「問題小説」は買いに走るが、良書を教えてもなかなか買いに行く暇がないと言う。愚劣なことには頭も体もよく働かせるが、貴重なことにはとんと怠慢なのが世の常である。 さて、今日も一日元気でいることが何より。本音で語るも、本音で生きていきたいと願い、空を見上げてお天道様と相談である。
カテゴリー: 都市環境 パーマリンク