Vol.189「生態学的認証制度に関する議論」

「生態学的認証制度に関する議論」

都市設計のための「生態学的認証」について考えてみる。このような認証にとって重要な要素とはなんだろうか?

http://xeriscape-jp.org/latestnews/?p=713

多くの人々は生態学的証明書を作成する際に発言する必要がありますが、科学者も発言する必要がある。今日では、他の人が私たちのチェックリストを生成するのを待つことは、最善の場合には効果がなく、最悪の場合には危険だという議論が出ている。日本においての議論は必要だろう。

JXDAでは、ASLAの会議で、建設後の影響について質疑する。

建設後の段階で何が起こるかによって、持続可能な開発設計は失敗する可能性がある。人々が家、庭、近隣を管理する方法は、生態学的に機能的な開発がどのように時間をかけて行われるかを決定している。設計は重要であるが、認証ポイント全体の大部分を建設および建設後の問題に配分する必要があると考えている。

いくつかの重要な建設と事後建設の実践をリストアップすることで結論づける。これらの慣行は、構築された環境専門家によって実施され、適切な認証プログラムによってサポートされるべきである。・・・と言う議論があった。

※あるグループの人々が特定の質問に「都市の自然」で応答する地球規模の円卓会議を特集している。(ウエブには15人の「認証」に対する意見があるが、ここに紹介するのは、1議論提起、2認証制度に対する賛否両論と制度論:2-1反対意見、2-2望ましい制度の例、2-3賛成意見で、議論の一部である)

 

0