Vol.188「ミツバチとコーヒー:気象変動におけるつながり」

コーヒー生産は世界中の何百万人もの小規模農家の生活を支え、ミツバチはコーヒー農場に授粉を提供しているた。 気候変動は、コーヒーや蜂の分布を変えて、コーヒーの生産を変える。
それらは、地球温暖化のシナリオ下で最大のコーヒー栽培地域、中南米への影響を研究者はモデル化しているものの、 将来のコーヒーに適した地域の3分の1以上がコーヒーの適性とハチ種の多様性が低下していることが判明しているが、将来的にコーヒーに適した地域では少なくとも5種のハチ種が存在する可能性があり、蜂の多様性はコーヒーの適性の低下から農家の損失を相殺することも期待できると言う。
bumblebees at flowers
他の地域では、蜂の多様性の損失はコーヒーの適合性を向上させる。 個の追跡結果は、蜂の授粉、コーヒーの適合性、潜在的な結合効果に合わせた反応的な管理戦略の必要性を強調しているようだ。
それでも、ミツバチは一種の受粉促進剤として働くコーヒーに関して重要な役割を果たす。 それらの仕事は、コーヒー植物が20-25パーセント多くの果物を生産することを意味している。 その余分な生産は、小さな農家が家族を支えるのに十分な利益を得ていることと、家族が食べられないことの違いを意味する。 そして、我々が飲むコーヒーの約80%は、小さなコーヒー栽培事業を営む人々によって栽培され、蜂の個体数は生産者と消費者の両方に健康的な問題をもたらす。

特に、気候変動は、世界中の脆弱な地域社会の何百万人もの人々にとって、この主要な生計を脅かすだろう。蜂は暑い天気を好まない。 コーヒーの多くが栽培されている場所では熱帯の蜂も気候変動によって気温が上昇すると、既に耐熱性の限界に立っている蜂は苦しむ。気候の変化に伴い蜂の人口はどのように減少するか?そして、コーヒー生産地域の変化がどのように変化しているのか、この減少はどのように影響するのか? (科学者たちは、2050年までに、ラテンアメリカ諸国がコーヒーを栽培するのに適した土地の88%を失う可能性があると予測している。

それらの質問への短い答えは、我々には本当にわからない。

しかし、新しい研究が指摘しているように、「気候変動が花粉や作物に及ぼす影響については、ほとんど知られていない」と指摘していることも、我々は理解できる。
 
世界中のコーヒー栽培地域は、コーヒーの耕作可能土地が増えていくことを考慮して、蜂の減少と農地減少の両方の影響がどういう意味であるかを考え出すために、コンピュータモデリングをおkなっていることも、また、他のものでは、蜂の個体数は増加する可能性があると言いうが、現実は難しい。特に今後のコーヒー流通地域の31〜33%で、ハチの豊かさが低下し、コーヒーの適性が高まれば、経済にも影響する。
 
ジョン・ミュア(John Muir)は、「私たちはそれだけで何かを選ぼうとすると、それは宇宙の他のすべてに当てはまる」と書いている。 そのコンセプトの背後にある考え方は、あなたの朝のコーヒーカップでもう一度演じる。 それは、豆を栽培する人々、豆が生育する土地、そしてその地域の蜂に直接つながっている。 だから、これらのミツバチ(と他のすべての生物)の健康的な生息地を確保することは誰にとっても意味がある。
 
研究者らは、全体像が否定的である一方、一部の地域では、蜂や土地の管理が損失の一部を相殺する可能性があると示唆している。彼らはいくつかのアイデアを持っている「森林の保全と、日陰の木、風除け、生垣、雑草帯、食糧資源とハチの巣の場所と材料を提供する原生植物の保護による異種農耕地の維持は、 “研究の著者は書いている。これらの保全サービスは一般に生物多様性を保全し、「水管理や気候変動緩和などの生態系サービスを提供する」と付け加えている。
 
0