Vol.187「コーヒーを飲むべきですか:長所と短所」

コーヒーとの関係は、ほどほどで、簡単に言えば好きでも嫌いでもなかった関係を築いていた。だが、それは最近までの話である。 僕はコーヒーが「悪」だという事を20代の頃に先輩から警告を受けたことがあり、それ以来 、コーヒーを飲む人は、どんな人なのかよく知らない。イメージとしては不健康な人々だった。だから、僕はそれが始まらない方がいいと考えていた。 しかし、改めて見るとコーヒーが文化の重要な部分である海外の幾つかの都市に住んでいる経験があるのに理解していなかった。

最近、僕はコーヒーを飲む人に、あるいはコーヒーに興味を惹かれコーヒーに関する知識を学ぼうといくつかの書籍を読み懸命に調べることを考えるようになった。

一杯のコーヒー

あなたがそれなしで目を覚ますことができなくても、カップを一杯飲まなかったとしても、コーヒーは確かに面白い評判を持っている。(写真: flickr)

コーヒーを飲む理由

「coffeecoffee」の画像検索結果最近の研究では、コーヒーを飲む人は年齢に関連ある炎症を起こしにくい傾向にあることが分かった。

1.コーヒーとガン:コーヒーの健康に関する研究がたくさんある。それらすべてに触れるつもりはない。全体として、コーヒーは、皮膚癌、大腸癌、子宮内膜癌および前立腺癌を含む特定の癌の割合が低いことが判明している。 コーヒーがエストロゲン優性乳癌を促進するかどうかについての議論があるが、この22年間の追跡調査では、エストロゲン優性乳癌とカフェインまたはデカフ茶とコーヒー(カフェイン抜き) 消費。 しかし、乳がんと閉経後の女性との間にはわずかな相関がある。 世界がん研究基金インターナショナル(World Cancer Research Fund International)による2015年の研究では、コーヒー消費と肝がんのリスク低下との間に強い関連性があることが判明した。

2.コーヒーと糖尿病:コーヒー(少なくとも1日4カップ以上飲む人)のもう1つの利点は、2型糖尿病発症のリスクが有意に低下する。予備的研究は、この効果のためにコーヒーの3つの支持者、すなわち、コーヒー酸、クロロゲン酸およびカフェインを指摘するようである。

コーヒー酸=ケイ皮酸のパラ位及びメタ位がヒドロキシ化された構造を持つ芳香族カルボン酸で、フェニルプロパノイドの1種である。化学式はC9H8O4、分子量は180.16。IUPAC名は 3,4-ジヒドロキシケイ皮酸。カフェ酸、カフェイン酸とも呼ばれる。コーヒー酸はリグニン生合成の重要な中間体であるため、全ての植物に含まれている

3.コーヒー、痴呆およびアルツハイマー病:コーヒーはまた、認知症およびアルツハイマー病のリスクを低下させることが約束されている。 ある研究では、長期のカフェインによるアルツハイマー病のリスクが低下することが判明した。 別の研究では、コーヒーと紅茶の摂取がアルツハイマー病や認知症のリスクを低下させることにつながっていることが判明した。 2009年の調査では、フィンランドとスウェーデンの約1万4000人が20年間追跡され、3〜5杯のコーヒーを飲むと報告された人々は、認知症とアルツハイマー病を発症する可能性が65% コーヒーを飲んだり、ときどき飲んだりしていた。 そして、あなたが不思議に思っていた場合には、焙煎されたコーヒー豆は脳保護の要素が最高なようだ。

4.コーヒーおよびパーキンソン病また、コーヒーを飲む人の間でパーキンソン病のリスクが低下するという関連がある。しかし、最近の研究では、女性がコーヒーを飲むことで代わるホルモンを摂取することを警告している。ごくわずかな人々がコーヒーを飲むときにパーキンソン病から保護される理由についての説明があるかもしれないが、 人口の約25%が遺伝子GRIN2Aを持っており、それらがコーヒーを飲むとパーキンソン病発症からそれを保護すると思われる。 あなたがその遺伝子を持っていないなら、あなたはコーヒーを飲むことの保護的利益を得られないかもしれない。

5.コーヒーおよび老化:カフェインは加齢性炎症に対抗する可能性がある。 2017年の研究では、心血管疾患、癌、糖尿病、変形性関節症、アルツハイマー病、うつ病などの病気に寄与すると考えられる低レベルの炎症を有する高齢者が、コーヒーを飲む人であったことが判明した。 彼らが飲んだカフェインが多ければ多いほど、この年齢に関連した炎症から保護されていた。

6.コーヒーと長寿:2つの2017年の研究では、コーヒーの飲用がより長い寿命につながり、複数の民族に対してそうしたことが示された。 南カリフォルニア大学のチームが実施した最初の研究では、白人でも非白人でも、215,000人以上の参加者がコーヒーの消費量を増加させることで、心臓病、脳卒中、糖尿病、がんによる死亡リスクが低下することが判明ししているた 他の条件の中でも特に重要である。Imperial College LondonとInternational Agencyが率いる第2の研究10カ国から50万人のヨーロッパ人と考えられていたCancer Researchの研究1日3杯を飲んだ人は、コーヒー以外の飲み物よりも長く生きる傾向があり、循環器疾患や消化管に関連する病気による死亡リスクが低下していた。 どちらの研究においても、デカン飲料は、通常のコーヒーを飲んだ人と同じ結果を経験した。

7.コーヒー、うつ病、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌):それだけでは十分ではない場合、いくつかの研究ではコーヒー飲みのうつ病が少なく、コーヒー飲みはスーパーバグMRSAのキャリアである可能性は低い。

僕は専門的な知識はないが、多くの書物から、なぜ医者、健康専門家、栄養士はコーヒーを飲むことに注意しているのかがわからなかったが、ここでは、いくつかの理由があることがわかった。そして、なぜあなたは…

桟橋の上にコーヒーを飲み込んだ妊婦適度なカフェイン消費量は、妊婦にとっては問題ない。しかし、研究者は、より高いレベルの影響については不確かである。(写真:Lolostock / Shutterstock)

1.妊娠中の女性:米国産科医学者協会(American College of Obstetricians and Gynecologists)は、2010年8月に、約12オンスのコーヒー中の量である1日当たり200mg未満の中程度のカフェイン消費が早産児または胎児の成長に影響を与えていないようである 。 妊娠中に多量のカフェインの影響は不明。

2.コーヒー飲料は栄養不足につながりる:コーヒーは、鉄を含む特定のミネラルの吸収をブロックすることができる。これは明らかに問題になる可能性がある。 しかしそれ以上に、それは多くの人にとって強力な食欲抑制剤である。バランスの取れた食事を食べる代わりにコーヒーを飲むと、マクロや微量栄養素の欠乏に終わることがあり、多くの問題を引き起こす可能性がある。そして、この食欲抑制効果が、あなたが十分な食事をしていないときにあなたの代謝率を下げることができるので、あなたが長期的に体重を減らすのに役立つとは思わない方がいい。

3.コーヒーを飲むと、睡眠の問題、過敏症や不安につながることがある:コーヒーでの戦闘や飛行の反作用で体を刺激している場合、睡眠はあなたの体からの最初の反応ではない。それらはコーヒーを飲むときに睡眠の問題からカフェインは、あなたが過敏または不安にもなる。

4.カフェインはまた、GABA代謝を妨げることがある: GABA(ガンマ – アミノ酪酸)は、脳、神経系および胃腸管で産生される神経伝達物質である。ストレス管理に役立ち、落ち着きのある影響力を発揮する。以前、寝るのを助ける補足としてそれを取った。 カフェインは、GABA受容体へのGABAの結合を防ぐことができ、これはカフェインが一部の人々をより不安に感じさせるもう一つの理由。

5.カフェインはメタボリックシンドロームと体重増加につながる:マウスで行われた2013年の研究では、オーストラリアの研究者は、カフェインコーヒーを5〜6カップ以上飲むと代謝系のリスクが増加し、体重増加につながることを発見した。

 

正しい答えは何か?

「coffeecoffee」の画像検索結果これは現在「コーヒーの問題」に取り組んでいるところである。コーヒーは高度に普及された作物であるため、ほとんどの場合、残留農薬の残留を避けるためにオーガニックブランドが出回っていると聞く。コーヒーの生産は、私の考えでは、労働者がしばしば業界で不当な権力の行使されるていることであるようだが。これは、コーヒーをはるかに高価にしている。そのために、コーヒーを飲む人たちを制限されていると言う。

コーヒーは健康に良いエネルギーの代用品にならないはず。しかし、 コーヒーが提供するすべてのメリットを得るには、コーヒーをたくさん飲まなければならないようだ。

多くの研究は、1日に4杯以上のコーヒーを飲んだ人々から肯定的な効果があることを発見している。コーヒーを飲むことの可能性について読んで安心したが、メリットを享受して欲しい。だから今のところ、コーヒーをある程度定期的に楽しんでいる。

毎日、毎週ではない。が、私は間違いなく、上記の研究で見られる健康上の利点を得るために十分飲んでいない。私は楽しむためにそれを飲む。どんな状況でも、良いバランスを見つけることだと思うが、コーヒーの文化歴史、あるいは健康に関しては面白い話が書けそうだ。

0

Kanehisa.Koide について

2005年55歳の春、東京の街を離れた。 人間の利害関係は、特に目先の欲にかけては、それこそすばしっこい者が多いが、自分を大成するのに役立つ貴重な問題を捕えたり、自分に潜在している大切な能力を発揮する段になると、案外鈍な者のように振る舞うが二枚舌を持つ。 時々見かける人物で、朝起きて新聞を見ても、さほど深刻でないニュースの活字が並ぶ記事を特に珍しくもないスキャンダルや政治家の揚げ足取りには我先にとお題目のように唱える。ついでに汚職に賄賂は、傲慢な企業と政治家の特権と問題をすり替える。どこにいても、隣近所の挨拶もせぬ社会の中で、集団では行動をとり、またすぐ引く。もっと人間の根源に関わる大切な言葉などとは程遠い社会の中で生きていく。 最近の若い者は、イベントは細目に見に行くが、親の顔はめったに見に行かない。つまらぬ「問題小説」は買いに走るが、良書を教えてもなかなか買いに行く暇がないと言う。愚劣なことには頭も体もよく働かせるが、貴重なことにはとんと怠慢なのが世の常である。 さて、今日も一日元気でいることが何より。本音で語るも、本音で生きていきたいと願い、空を見上げてお天道様と相談である。
カテゴリー: 都市環境 パーマリンク