小出兼久の常盤坐から世界を読む

Vol.138    「 造園家がスティーブ・ジョブズから学ぶことができるヒント」


「直感と行動」専門分野を超えた象徴的なAppleの共同設立者であるスティーブ・ジョブスを見て、Appleの世界からランドスケープ・アーキテクチャに至るまでの概念を見て見ると・・・。スティーブ・ジョブズは、技術と革新的なデザインに対する彼の愛情など、多くのことで知られている。これらの特性は、ほとんどの若いランドスケープアーキテクチャにも見られることがある。スティーブ・ジョブズは造園家にデザインについて教えてくれる?スティーブ・ジョブスの7つのレッスンが、私たちのより良いランドスケープアーキテクチャにするためである。

彼の色使い:ジョブズは、競合他社から際立つ製品を作り出すためには、文字通り目立つような外観を作り出さなければならないということを知っていた。彼は、iMacのためにフルーツにインスパイアされた5つのカラーを選択したと評価されている。これは、売上を24%増やし、コンピュータを自分自身を表現する方法として使用できるようにした。その後、他のコンピュータ会社が色の大胆な使用に追いつくようになったとき、ジョブズはもう一歩を踏み出し、Apple製品のラインをもっとミニマルなものにしてから、新しいラインで色を使用することに戻ったiPod。

トレンドが絶えず変化するランドスケープ・アーキテクチャの世界と同じように、デザインを新鮮かつ新鮮に保つことが重要だ。ジョブズはこの点で専門家である。また、植物や荒れ果ての風景など、風景の中で色を使う方法を知っていることや、色が多すぎるユーザーを圧倒しないことも重要になる。活気に満ちた風景を作り出すことと、雄大な景色を作り出すことの両方があることはジョブズにとっては魅力的ではなく、活気を与えてくれた。

 

クライアントをデザイナーにしない:クライアントがデザインに達成することを期待することは常に重要だが、デザイナーとエキスパートの両方であり、究極的にはデザインを作成する必要があることを覚えておくことも重要になる。 「多くの人は、あなたがそれを見せてしまうまで、彼らが望むものが何であるか分からない」とジョブスの有名な引用符の1つであり、ランドスケープアーキテクチャだけでなく、すべてのデザイナーに大きなアドバイスになる。

短くシンプル:The-Presentation-Steve-Jobsの秘密。スティーブ・ジョブズのプレゼンテーション・シークレット:どんなオーディエンスの前であっても凄く恥じないようにする方法。ジョブは、本質的にシンプルで使いやすく理解しやすい優れた製品とプレゼンテーションの両方を作成する能力で最もよく知られているかもしれない。だから、あなたがクライアントにアイデアを提示するために座ったときに、ジョブズが従業員に説いたルールを覚えておく。あまりにも多くの技術用語を使用しないこと、プレゼンテーションを簡単かつ明確にする。ジョブスは ”3つのルール”を使用することで有名だった。これは、Thomas Jefferson氏が “生命、自由、幸福の追求”のスピーチで完成させたプレゼンテーションテクニックであり、ジョブスは各Appleのプレゼンテーションで使用した。例えば、彼は、AppleがiPod、電話、インターネット通信デバイスの3つの製品を導入すると言ってiPhoneを紹介した。このルールは、リリースされた製品の数に関係なく、または製品の説明に含まれているかどうかに関係なく、すべてのプレゼンテーションに適用された。 「より薄く、より軽く、より速く」、それは観客を魅了し興味をそそる彼の方法だった。

デザインは機能するか:デザイナーが自分の製品が美しいと感じているのであれば、頻繁に忘れられているのは、デザインが機能しているかどうかである。ランドスケープアーキテクチャは、常にこの罠に陥っている。しばしばアイデアはデザイナーの頭に詰まって、この舗装材やこの広場を使うか、ここにプールを持っているが、大きな絵を実際に見ていくと、このデザイン要素が それは機能的ではない。スティーブ・ジョブズはデザインに柔軟性を持たせることで知られていて、ユーザーからのフィードバックに基づいて道路を変更するためだけにプロダクトを定期的にリリースする。 彼は「デザインは見た目だけでなく、感じるものでもない」と言っている。「 デザインはそれがどのように機能するか」これはランドスケープアーキテクチャにも適用される。

価格より常に価値を提供する:クライアントが予算に執着している場合は、その予算を考慮して設計することが重要だが、品質を犠牲にせず、最終的にその予算を満たすために悪い設計を生み出すことはない。 代わりに、プロジェクトの寿命を延ばすために、品質舗装材や優れた灌漑システムの重要性を説明し、適切な製品を前もって設置することで長期的に貯蓄される資金を指摘する。予算がそれを許さないのであれば、プロジェクトはいつでも段階的に導入することができる。スティーブ・ジョブスは、人々がより良い品質の製品を手に入れていると知っていることを、証明したことを覚えている。

挑戦=成功:時には、最も厳しいクライアントや設計上の問題が、あなたの最高の仕事を生み出すことを促すことがある。クイックフィックスやシンプルなデザインの仕事があれば、結果は退屈で典型的なものになることはよくありるが、ユニークな問題を抱えているサイトでは、創造的な側面がもたらされ、結果は鮮やかになる。スティーブ・ジョブズは常に彼のために働いていた人と挑戦し、彼の周りのすべての人に挑戦から後退することは決してなかった。

デザインは重要:スティーブ・ジョブズは、働くだけでなく美しいものを作ることに興味があった稀少な人の一人である。機能的なサイトを作成するだけでは誰もあなたを雇うつもりはない。実際には、機能面だけに興味がある場合は、他のキャリアパスが必要になる。ランドスケープアーキテクチャというのは、サイトを動作させる方法だけでなく、サイトを楽しく美しくて魅力的なものにする方法も知っていることを意味する。Appleの製品がなぜ人気を集めているのかを調査した場合、ほとんどの人が自分のデザインを言うだろう。だから、次回にサイトをやり直すときにこれを覚えておく。

追伸:我々は分野を越え、象徴的なスティーブ・ジョブスを見て、Appleの世界からランドスケープ・アーキテクチャへのコンセプトを見てみるブログをもらった。それを、私なりの言葉として記してみた(2014年)。

 

 

コメントを残す

Vol.138    「 造園家がスティーブ・ジョブズから学ぶことができるヒント」
Previous post
Vol.137    「災害損失とは何か」
Next post