Vol.136「レジリエントデザイン」

レジリエントデザイン:レジリエンスは持続可能性の後継者となるか?

ハリケーン・サンディーが米国東海岸に大混乱をもたらして以来、「レジリエントデザイン」が、建築家やデザイナーだけでなく政治家やエンジニア、都市計画家の間でも話題になっている。実際、「Resilient Design」は、2012年11月のGoogleで急上昇した検索用語であり、壊滅的なスーパーストームが来る前の数か月はその用語は模糊としたものであったが、人気キャッチフレーズの「ハリケーン・サンディ後」に現在は移行した。このような自然災害と、さらに最近では11月初旬にフィリピンに上陸した台風が、私たちに自分たちはグリーンデザインコミュニティでいるのだということを思い出させたのであるが、このグリーンコミュニティは、「地球を救う」という純粋なエコロジカル・モチベーションを構築するのを明らかに重要とする一方で、洪水や地震、停電といった自然災害や人為的な災害が原因で建物に住めなくなったとしても、それへのペイントやLEEDの点数評価とはあまり関係ないから気にしないというコミュニティである。これが、レジリエントデザインが活躍する領域なのである。レジリエントデザイン研究所によれば、レジリエントデザインとは、「災害や正常な生活の崩壊に対する脆弱性に建物や景観、コミュニティ、地域などを適応させるように意図的に設計すること」と定義されている。

我々の使命とビジョン:レジリエントデザインは、気候変動や自然災害などの混乱に直面しても、建物やコミュニティが生き残り、成功するための解決策を創り出すことを使命としている。

レジリエントデザインは、より持続可能な世界への道を示すものとして、世界中に受け入れられ、すべての人工的な環境に実装されるものである。国連によれば、2016年には、世界人口の推定で54.5%が都市部に住んでいた。これは2030年までには60%まで増加すると予測されている。この急速な都市化は、変動する経済やインフラ、気候条件などのさまざまな要因が組み合わさった結果生じるものであり、予期せぬ短期的あるいは長期的な混乱を招く可能性がある。小規模な混乱に対する都市の準備が整っているかどうかについては、都市の間でかなりの差があると言えるのは間違いのないところだ。

 

0

Kanehisa.Koide について

2005年55歳の春、東京の街を離れた。 人間の利害関係は、特に目先の欲にかけては、それこそすばしっこい者が多いが、自分を大成するのに役立つ貴重な問題を捕えたり、自分に潜在している大切な能力を発揮する段になると、案外鈍な者のように振る舞うが二枚舌を持つ。 時々見かける人物で、朝起きて新聞を見ても、さほど深刻でないニュースの活字が並ぶ記事を特に珍しくもないスキャンダルや政治家の揚げ足取りには我先にとお題目のように唱える。ついでに汚職に賄賂は、傲慢な企業と政治家の特権と問題をすり替える。どこにいても、隣近所の挨拶もせぬ社会の中で、集団では行動をとり、またすぐ引く。もっと人間の根源に関わる大切な言葉などとは程遠い社会の中で生きていく。 最近の若い者は、イベントは細目に見に行くが、親の顔はめったに見に行かない。つまらぬ「問題小説」は買いに走るが、良書を教えてもなかなか買いに行く暇がないと言う。愚劣なことには頭も体もよく働かせるが、貴重なことにはとんと怠慢なのが世の常である。 さて、今日も一日元気でいることが何より。本音で語るも、本音で生きていきたいと願い、空を見上げてお天道様と相談である。
カテゴリー: 都市環境 パーマリンク