小出兼久の常盤坐から世界を読む

Vol.134    「東京1960年計画/丹下健三」前編


産業界の多くの都市が都市の広がりを経験していた時期に、丹下健三は1960年の東京計画を提案された。現代都市新興の特徴とデザイン力の楽観的な信念へのユニークな洞察力をもって、丹下は都市の継続的な拡大と内部再生に対応するために東京に新物理的秩序を課そうとした。東京湾を横切って東京を拡張する連動ループの線形シリーズを特徴とする計画は、持っている。10年にわたる大規模な構造調整運動を開始すると考えられてきた。しかし、現代の都市主義へのその理論的貢献は依然として強調されている。

「しかし、私たち建築家は建築と都市計画の社会文化的発展に(貢献するために)特別な義務と使命を持っていると感じていた。」- 丹下健三

 

Metabolist Manifesto(*)の理念はおそらく、1960年の東京の計画で丹下健三によって提唱された。1958年に東京の都市計画が発表され、東京の急速な人口増加(1945年の350万人から1960年の1000万人への増加)の解決策として、一連の衛星都市と一般的な地方分権が提案された。 Tangeは、自動車が都市生活に導入した動きが人々の宇宙空間の認識を変え、それが単なる放射状ゾーニングの現状を継続するのではなく、メガ構造の形で都市の新しい空間秩序を必要としたと主張した。 彼は、高速道路と地下鉄の「固定された」オープンネットワークに基づいた線形メガストラクチャを提案し、その周辺では、人口のニーズに応じて「一時的な」プログラムが発生する。

*(Metabolist Manifesto;メタボリストマニフェスト=メタボリズムは、1959年に黒川紀章や菊竹清訓ら日本の若手建築家・都市計画家グループが開始した建築運動。新陳代謝(メタボリズム)からグループの名をとり、社会の変化や人口の成長に合わせて有機的に成長する都市や建築を提案した)

丹下は、自動車が都市生活に導入した動きが人々の宇宙空間の認識を変え、これが単なる放射状ゾーニングの現状維持ではなく、メガ構造の形で都市の新たな空間秩序を必要とすると主張した。彼は、高速道路と地下鉄の「固定された」オープンネットワークに基づいた線形メガストラクチャを提案しました。このネットワークでは、人口のニーズに応じて「一時的な」プログラムが発生します。

丹下健三は、モビリティ、都市構造、線形市民軸、都市をプロセスとして強力な建築言語に組み入れ、全体と部分の関係やパーマネントとトランジェントの関係の新しい概念にそれらを昇格させようとした 。しかし、これらの概念に近づいた丹下は、実際的ではなく象徴的であり、彼の後の研究でも示されている。 継続的に拡大し変容する大都市の新しい空間秩序を確立する彼のビジョンは、最終的にはユートピアの理想であった。

「過去には、人々は目的地に来るまで通りを歩いて、ただドアの中に消えていった。しかし、路上の自動車では、すべてが違う。まず、歩行者を車から分けること、高速道路や自動車専用道路を作ることが必要です。オートバイの到来のおかげで、高速道路から低速道路への移動が可能な新しい秩序が必要になります。」- 丹下健三

コメントを残す

Vol.135    「リサ・シンプソン」環境活動の30年
Previous post
Vol.133    「GMO=遺伝子組換え生物(別名:トランスジェニック)」
Next post