Vol.129   「Landscape Architects+Realized Projects」

「Nærheden, Suburb Of The Future」

コペンハーゲンの大都市圏は、住む場所や仕事や急成長として非常に人気がある地区がある。多様な都市再生計画とØresund橋を通じてスウェーデンとの直接的なつながりは、人口統計学的にも経済的にも強く成長することを保証している。 その結果、コペンハーゲンの都市から新しく高品質の居住地域への絶え間ない需要がある。

この都市は、近年新たな建設計画をいくつか実現している。一方、周囲の市町村は、コペンハーゲンの密集した都市よりも他の住宅品質を提供する可能性がある新しい住宅地の探索を含む、変化の一部を構成している(地図参照)。

Hedehuseneは、首都コペンハーゲンと大学の他の都市、Roskilde(ロスキレ)間に位置し、いくつかの高速道路と迅速な列車でのアクセスが良好で、 その割り当ては、63ヘクタールのエリアにある既存の都市の一部としての激しい住宅計画の実現を求めた。 プロジェクトには、建築、都市計画、景観、エンジニアリング、社会的側面、経済計画、開発戦略の分野の専門家で構成された複数の専門チームが集結した。チームはコペンハーゲン周辺の既存郊外を補完するユニークな生活の質を達成するための戦略計画を策定した。多様な地方のランドスケープ特性と近隣の建築構造を反映した4つの異なる地域を持つ、低密度でグリーン・クラスター構造の都市部の生活に都市の特性が一致する地域。マスタープラントのクラスター構造は、小規模および大規模開発者、私的イニシアチブ、ビルグループ、さまざまなプログラムなどのニーズを吸収することができる多様な都市構造を持つ堅牢な構造を提供している。固定された主要構造内で、幅広い種類のビルディングブロックサイズとタイプを使用して、大量の自治を提供する予定。この中で、新しい形態の住宅や革新的な建築材料を試す空間が提供されている。

駐車場のほとんどは、地元の小規模駐車場で処理される。これは、多くのクラスターに統合されている。この戦略は、従来のサブ都市地域よりもはるかに大きな割合の庭園と共同施設を地上レベルで確立することを可能にする。

マスタープランの構造はまた、社会生活の中で進化するためのさまざまなプラットフォームを提供している。地元の「stay and play=滞在と遊び」の通り、共通エリアとcar-free clusters(カー・フリー・クラスター)の共有施設、近隣の4つの地域のコミュニティハウスとの小規模な交流から大規模な規模では、緑のループはナルヘッデン(Nærhedens)全体を既存の都市と結びつけ、新旧の学校、施設、店舗との交流の場を見つけることができます。 ナルヘッデンの持続可能な水システムはループを形作り、仰角の自然なシフトを利用する。ループは自転車道と歩行道の密集したネットワークと一緒になって、街全体の社会的、景観的な衝動に貢献している。

 

 

 

 

 

 

 

 

data

Masterplanning: Arkitema Architects and karres+brands
Location: Hedehusene, Copenhagen metropolitan region, Denmark
Assignment: Design urban plan, development strategy
Area: 63 hectare
Design: 2014 – 2015
Construction: 2016 – 2035
Status: Awarded competition; In progress
Client: Naerheden, RealDania, City of Hedehusene
Collaboration competition phase Arkitema, Everyday Studio, Orbicon, VIA trafik, Social Action, Blue Bakery, Open Air Neighbourhood, Smith Innovation and more
Collaboration realisation phase: Arkitema, Everyday Studio, Orbicon, VIA trafik, Esbensen

 

 

 

 

 

 

 

0

Kanehisa.Koide について

2005年55歳の春、東京の街を離れた。 人間の利害関係は、特に目先の欲にかけては、それこそすばしっこい者が多いが、自分を大成するのに役立つ貴重な問題を捕えたり、自分に潜在している大切な能力を発揮する段になると、案外鈍な者のように振る舞うが二枚舌を持つ。 時々見かける人物で、朝起きて新聞を見ても、さほど深刻でないニュースの活字が並ぶ記事を特に珍しくもないスキャンダルや政治家の揚げ足取りには我先にとお題目のように唱える。ついでに汚職に賄賂は、傲慢な企業と政治家の特権と問題をすり替える。どこにいても、隣近所の挨拶もせぬ社会の中で、集団では行動をとり、またすぐ引く。もっと人間の根源に関わる大切な言葉などとは程遠い社会の中で生きていく。 最近の若い者は、イベントは細目に見に行くが、親の顔はめったに見に行かない。つまらぬ「問題小説」は買いに走るが、良書を教えてもなかなか買いに行く暇がないと言う。愚劣なことには頭も体もよく働かせるが、貴重なことにはとんと怠慢なのが世の常である。 さて、今日も一日元気でいることが何より。本音で語るも、本音で生きていきたいと願い、空を見上げてお天道様と相談である。
カテゴリー: 都市環境 パーマリンク