小出兼久の常盤坐から世界を読む

Vol.126   「The City and the Coming Climate」誰にでも読まれるべき都市についての本


常盤の本棚:「ランドスケープアーキテクチャが読むべき本の重要な1冊:気象科学」

The City and the Coming Climate
by Brian Stone Jr.
2012, Cambridge University Press

本書は、都市で進行中の劇的に増幅している地球温暖化と、個人や政府が温暖化のペースを遅らせるために取り組むことのできるさまざまな行動について、最初に探求したものである。

中核となる論点は、(温室効果ガスの削減など)現在の気候変動を緩和するために主張されている主要な戦略では、都市環境の急速な温暖化を遅らせるためには十分ではないと考えている点である。

著者ブライアン・ストーンは、気候変動の科学について、非科学者でも利用できるようにという観点に基づいて、過去の歴史や現在の出来事から引き出された説得力のある逸話を説明している。本書は、学生や政策立案者、都市の住民などの将来に不可欠な問題を洞察したい人々にとって 、気候変動や都市に関する理想的な導入書となっている。本書は、都市で進行中の劇的に増幅している地球温暖化と、個人や政府が温暖化のペースを遅らせるために取り組むことのできるさまざまな行動について、最初に探求したものである。中核となる論点は、(温室効果ガスの削減など)現在の気候変動を緩和するために主張されている主要な戦略では、都市環境の急速な温暖化を遅らせるためには十分ではないと考えている点である。

著者ブライアン・ストーンは、気候変動の科学について、非科学者でも利用できるようにという観点に基づいて、過去の歴史や現在の出来事から引き出された説得力のある逸話を説明している。本書は、学生や政策立案者、都市の住民などの将来に不可欠な問題を洞察したい人々にとって、気候変動や都市に関する理想的な導入書となっている。

コメントを残す

Vol.127   「回想録:オルムステッドの哲学」
Previous post
Vol.125   常盤の本棚「Norton Book of Nature Writing」
Next post