Vol.126   「The City and the Coming Climate」誰にでも読まれるべき都市についての本

常盤の本棚:「ランドスケープアーキテクチャが読むべき本の重要な1冊:気象科学」

The City and the Coming Climate
by Brian Stone Jr.
2012, Cambridge University Press

本書は、都市で進行中の劇的に増幅している地球温暖化と、個人や政府が温暖化のペースを遅らせるために取り組むことのできるさまざまな行動について、最初に探求したものである。

中核となる論点は、(温室効果ガスの削減など)現在の気候変動を緩和するために主張されている主要な戦略では、都市環境の急速な温暖化を遅らせるためには十分ではないと考えている点である。

著者ブライアン・ストーンは、気候変動の科学について、非科学者でも利用できるようにという観点に基づいて、過去の歴史や現在の出来事から引き出された説得力のある逸話を説明している。本書は、学生や政策立案者、都市の住民などの将来に不可欠な問題を洞察したい人々にとって 、気候変動や都市に関する理想的な導入書となっている。本書は、都市で進行中の劇的に増幅している地球温暖化と、個人や政府が温暖化のペースを遅らせるために取り組むことのできるさまざまな行動について、最初に探求したものである。中核となる論点は、(温室効果ガスの削減など)現在の気候変動を緩和するために主張されている主要な戦略では、都市環境の急速な温暖化を遅らせるためには十分ではないと考えている点である。

著者ブライアン・ストーンは、気候変動の科学について、非科学者でも利用できるようにという観点に基づいて、過去の歴史や現在の出来事から引き出された説得力のある逸話を説明している。本書は、学生や政策立案者、都市の住民などの将来に不可欠な問題を洞察したい人々にとって、気候変動や都市に関する理想的な導入書となっている。

0

Kanehisa.Koide について

2005年55歳の春、東京の街を離れた。 人間の利害関係は、特に目先の欲にかけては、それこそすばしっこい者が多いが、自分を大成するのに役立つ貴重な問題を捕えたり、自分に潜在している大切な能力を発揮する段になると、案外鈍な者のように振る舞うが二枚舌を持つ。 時々見かける人物で、朝起きて新聞を見ても、さほど深刻でないニュースの活字が並ぶ記事を特に珍しくもないスキャンダルや政治家の揚げ足取りには我先にとお題目のように唱える。ついでに汚職に賄賂は、傲慢な企業と政治家の特権と問題をすり替える。どこにいても、隣近所の挨拶もせぬ社会の中で、集団では行動をとり、またすぐ引く。もっと人間の根源に関わる大切な言葉などとは程遠い社会の中で生きていく。 最近の若い者は、イベントは細目に見に行くが、親の顔はめったに見に行かない。つまらぬ「問題小説」は買いに走るが、良書を教えてもなかなか買いに行く暇がないと言う。愚劣なことには頭も体もよく働かせるが、貴重なことにはとんと怠慢なのが世の常である。 さて、今日も一日元気でいることが何より。本音で語るも、本音で生きていきたいと願い、空を見上げてお天道様と相談である。
カテゴリー: 都市環境 パーマリンク