Vol.120「特集「持続可能な設計と開発(SDD) PPN RECAP: 2015年年次総会、敷地と資源に関するリンク集」

SDD PPN RECAP: 2015 ANNUAL MEETING, SITES, AND RESOURCE LINKSDSC_0454

ジョージア州アトランタにあるクリアクリークの雨水流域:合流式下水道のオーバーフロー(CSO)システムからの雨水を拘留するべく機能するグリーン・インフラ・システム・ソリューションを提供する。サギはアトランタ市がフェンスの代わりに受け入れた11の広い沿岸棚の上に立っている。

images stormwater-pond

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シカゴでの年次総会では何人かの方々に会うことができて素晴らしかった。私たちは年末の納めとして2015年のレビューをする機会を得たが、ここでは、会議出席者によって提起された持続可能な設計のトピックのハイライトを取り上げることにした。それは年次総会に出席しなかったSDDのメンバーに、彼らも2015年の年次総会からの貴重な資料を利用できることを思い出させるであろう。

まず会議からいくつかのハイライトを要約する。最初は、過去数年間のSDDの成果に関するレビューである:

情報

持続可能な設計の必須成分としてのコミュニティ・エンゲージメント

レムナント市のアーバンランドスケープにおけるグリーンデザイン

 

分野:

グリーンビルディングにおけるランドスケープの役割

もしこれらの壁が話すことができれば

アレゲニー郡のモニタリング対象である屋上緑化

 

あなたが任意の投稿やオンライン学習の機会を見逃してしまった場合は、リンクの上をクリックするか、過去数年分のアーカイブの中から追加されたトピックを参照する。事例の投稿は、メンバーが生み出した偉大な実践者や、持続可能なデザイン設計というトピックへの関心について国民的な露出を得ようとする実務者、新興の専門家、大学院生、学部学生にとって絶好の機会である。

 

次に、我々はジェイミー・ストラッター(USGBCの副社長)と戦略的関係にあるミカ・シルベイ最新の持続可能なサイトイニシアティブ(SITES®)プログラムや認定についてのニュースを発信するGBCIのディレクターによるプレゼンテーションを聞いた。ジェイミーとミカの両方ともが、自分たちのプロジェクトに対してSITESの認証を検討しているASLAメンバーとつながろうとする意欲を強調していた。詳細については、できる限りどんな質問にも答えようと準備をしているスタッフに直接尋ねるか、SITESウェブページを見て欲しい。

それから、我々は参加者のための会議を開き、すべての人々に彼らが最も関心のあるトピックまたは、より多く報道するに値するトピックについて議論するよう頼んだ。被験者の短いリストは、以下に要約されているが、我々はあなた方皆に、そのリストを見て、より多くを得るために我々とつながり、また、私たちのPPNによって対処されるかもしれない最良の方法であなたのアイデアを共有することを推奨する(下記の情報は購読有料)。

 

・都市環境における雨水の革新

・授粉のための都市回廊

・雨水と潮の復元

・SITESによるプロの認定と認定証

2015年を締めくくるために、あなたが参加していようといまいと2015年年次総会の配布資料に関するこれらのリンクのチェックアウトを検討するべきである。完全な道路やパフォーマンスメトリック、および環境的正義などのすばらしい参照が含まれている会議のセッションで配布された資料の簡単なリストを以下に示す。

・ランドスケープパフォーマンス:何をどう測定するか決める

・バズワードを越えて:「グリーン説明責任の保持」

・環境正義の測定

・一部のアセンブリは要求する:完全な道路の実装において学習された教訓

・それは動作しているだろうか?ランドスケープパフォーマンスの測定と検証に対する実践的なアプローチ

・在来種の草原とグラスランド:ビジョンから現実へ

・再想像的多様性:農村と都市の花粉媒介生息地を統合する

・農薬と花粉媒介者:政策、実践、アクティビズム

 

0