Vol.193「ガーデニングの基礎:自然は庭を嫌う」保存版

住宅所有者および園芸家は、環境問題の重要性を認識するために、「生態学的造園(ecological land­scaping)」という用語を使用する。残念ながら、それらの意識は意味論の領域には及ばない。

「生態学的造園」という言葉は、その流行語のような人気にもかかわらず、主に「生態学:ecology」という言葉自体に2つの異なる意味があるため、あやふやである。園芸の分野では、生態学は一般的に「伝統的」技術(基本的に「green」と呼ばれる)よりも破壊的でない、汚染的な、またはエネルギーを消費する景観保全技術を指す。生物学的観点からは、生態系の開発と機能について学ぶ。

人々が異なる言葉で同じ言葉を使うという事実は、園芸のさまざまな側面を扱う人々の間で大きなコミュニケーション上の問題を引き起こしている(特に日本の中で)。このようなコミュニケーションの隙間を埋めるために、この短いブログでは、その正確な意味を気にすることなく、文献に別種されている他の重要な言葉や概念を紹介しておく。

庭師は「自然な」植物組織の研究から多くのことを学ぶことができるが、どれくらいの人が比較を行うことができるかには明確な限界がある。継承の概念は実例である。

管理されていない景観では、特定の土地に植物や動物の共同体の発展につながるプロセスは予測できない。特定の時点でのコミュニティの見かけの安定性は幻想になる。現実は予期せぬ雑音によって引き起こされる構成の変化が進行中である。

対照的に、設計された景観は、通常、一定の位置に割り当てられた限られた数の植物からなる。様々な種間での動的相互作用の余地はほとんどなく、デザインの追加や削除の規定もない。 ほとんどの風景は、設置時に支配的な条件が予見可能な将来にはほとんど変わらないという前提に基づいている。

ガーデニングは本質的に人為的なものであり、特定の審美的な効果を生み出すための連続的なプロセスを支配し、無視することさえあるが、生態学は、生存の原則に基づいて植物の継承を制御する自然選択に関するものである。
続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする

Vol.192「ネオニコチノイドは蜂を殺しているか?」

ネオニコチノイド殺虫剤がミツバチに及ぼす影響に関する研究の報告書と、行動のための勧告。
Jennifer Hopwood、Mace Vaughan、Matthew Shepherd、David Biddinger、Eric Mader、Scott Hoffman Black、Celeste Mazzacano。

ネオニコチノイド(英: neonicotinoid)とミツバチの死滅との間の可能性のあるつながりが、米国とヨーロッパの間で論争を招いている。養蜂家や環境保護者は、ネオニコチノイドが植物組織に吸収され、花粉や蜜に存在して花粉症に有毒であるという事実に基づいて、ネオニコチノイドの影響について懸念を表明していた(ネオニコチノイドは、クロロニコチニル系殺虫剤の総称。 ニコチン様物質を意味し、イミダクロプリド、アセタミプリド、ジノテフランなどが該当する。 現在、農薬として世界100カ国以上で販売されている)。

この報告書は、ネオニコチノイド殺虫剤のミツバチおよび他の重要な花粉症剤への潜在的な悪影響を詳述している。また、蜂をより良く保護する方法についても推奨している。

キーポイント

  • ネオニコチノイドは植物に吸収され、維管束を介して伝達され、植物自身が昆虫に毒性を与える。
  • 家庭用および園芸用の製品は、観賞用および景観用の植物に、農作物用に認可されたものよりも32倍高い割合で適用することがある。
  • 現在承認されている製品のミツバチの安全性を再評価し、すべての条件付き登録を直ちに停止する必要がある。

ネオニコチノイド農薬は、1990年代半ばに最初に登録された。 それ以来、これらの化学物質は、農作物、観賞用の景観植物、および樹木での使用に広く採用されている。 ネオニコチノイドは全身化学物質である。 それらは植物に吸収され、血管系を介して伝達され、植物自身が昆虫に毒性を与える。

ヨーロッパとアメリカの間では、ミツバチの死につながる可能性があり、ネオニコチノイドは議論の余地があった。ヨーロッパのいくつかの国では、トウモロコシ、キャノーラ、ヒマワリなどの作物にネオニコチノイドを使用することを再検討していた。米国やその他の国では、多数の意見書、ドキュメンタリー映画、キャンペーンが禁止対象となっている。

この種類の殺虫剤がミツバチやネイティブミツバチなどの昆虫に寄生することへの影響は懸念の原因になる。それらは植物に吸収されるために、ネオニコチノイドは花粉や蜜に存在することができる、これらの花の資源はそれらを食べる花粉媒介者に有毒にする。植物におけるネオニコチノイドの持続的な存在は、最初の施用が開花期の外に行われた場合でも、これらの化学物質が受粉者に害を及ぼすことを可能にする。 さらに、ネオニコチノイドは土壌中および植物中で非常に長期間持続する。

続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする

Vol.191「レジリエンス計画の中心に情報、透明性、コミュニティを置く方法」

レジリエンスは確かに私たちの時代の流行語であるようだ。しかし、より大きな不確実性とリスク、より規則的な衝撃と危機の時代を兆している。数人のコメンテーターが主張するように、多かれ少なかれ回復力の普遍的な捉え方自体が、個人、家庭、およびコミュニティに行動の負担をかける一方で、国家の全身的な失敗からの注意を逸らしつつ、新自由主義の議題に適合する課題を、フレーミングする方法である新興の脆弱性やリスクに貢献している市場である事も確かなようだ。この記述では、コミュニティレベルでの運営方法に関するガイドブックを検討する必要がある事から記述する。

現在、多くのガイド、ツールキット、およびツールボックスが増えているが、明らかに必要があると感じる。一方で、正確には回復力が何を意味するのかを知ることはしばしば困難である。確かに、人々にそれらの回復力が何を意味するのかをそれら自身の言葉で説明するよう促すキャンペーンが最近数多く行われている。が、ここでは、回復力はすべての人にすべてのものを意味するように、また、すべて何も意味しないという危険性もあると言うこと。建物の回復力を導くために、いくつかの試みが現在ある中で、その多くはコミュニティのレベルに焦点を当てていることである。

ここでは、回復力とコミュニティという2つの強力な流行語が集まるが、しばしば批判的な反省はほとんどない。 両方の言葉は、社会的および生態学的理論からのより技術的な意味だけでなく、肯定的な意味合いと日常の意味を組み合わせている。それ らが公的政策の領域に入るとき、(時には)予期せぬ政策の物語の全範囲をサポートすることができる。 レジリエンスとコミュニティの両方は、しばしば自分の足元に立つ出来事で、ショックや危機に直面して物語になるという話に関連している。 そういうものとして、危機の原因や、しばしば政治的変革の必要性、そして支援を提供する際の国の役割の必要性から注目を逸らすことができる。

コミュニティレジリエンスビルディングは、概念的かつ談話的な泥沼を開く。意味のある行動をどのように操縦するかが明らかに必要である。反発理論、談話、実際の迷路を自分の道を働くことであるチャレンジは、おそらくガイドブックへの必要性がある。ツールの各セットは、利用可能な他のものからそれらをマークする革新的なアプローチで、ユニークな視点を提供するように設計されている。しかし、提案されていることが何か新しいものであるかどうかは、しばしば不明となる。 続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする

Vol.190「グリーンインフラの教科書」

複数の規模のコミュニティにグリーンインフラが可能であり、必要。ほぼすべての人が都市緑化の様子と日々の生活に必要な量を知っているが、GIとも呼ばれる「グリーンインフラ」として考える必要がある理由はほとんど理解できていない。

この新しい用語は、緑の地域が人々に多くの異なる価値を持っていることを認識し、環境的、無形の環境的、社会的、経済的利益を提供する方法として浮上しました。 都市基盤では、緑地はグレーインフラストラクチャーと同じくらい重要であり、専門知識を持って扱い、世話をする必要がある。

GIがコミュニティの日常生活の一部を形成することを考慮すると、誇張されていない。 水の供給を保護し、洪水や土砂崩れを防ぎ、汚染された空気や水域を浄化し、生物多様性を保ち、炭素隔離による気候変動を緩和し、気候の快適性と公衆衛生を改善し、レクリエーションの機会を与え、 プロパティ値も増加する。

カレン・ファイアホック( Karen Firehock )は、豊かな経験を生かして、グリーン/ブルーやグレーの景観や異なる分野(計画、景観建築、林業、生態学、交通、健康)などをつなぐ必要性に関する既存のアイデアに対処するために、 彼女は簡潔で、よく説明された、そして読みやすいマニュアルを通してそれを行う。

環境サービスの観点からグリーンインフラを想定した他のアプローチと同様に、このレポートは、地域社会の福利を損なうことなく伝統的な経済成長と発展を可能にする環境保険政策と定義している。 続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする

Vol.189「生態学的認証制度に関する議論」

「生態学的認証制度に関する議論」

都市設計のための「生態学的認証」について考えてみる。このような認証にとって重要な要素とはなんだろうか?

続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする