Vol.166「炭素農業」

大気中の二酸化炭素の過剰量に対処する方法を模索する中で、ハイテクの解決策や化石燃料の使用が注目されている。これらは良好で価値ある議論であるが、炭素農業は農業部門に革命を起こし土壌を改善し、それが所属する余剰大気炭素を貯蔵する機会を提供する。

土壌に炭素を貯蔵できるか?

私たちは大気中の二酸化炭素が過剰になるという危険性についていつも聞いている。過去1世紀かそこらの間に、私たちの文明は、化石燃料の燃焼、森林の森林破壊、そして土壌の劣化を通じて、大量の二酸化炭素を大気中に放出した。

植物は二酸化炭素を吸い込み、酸素を吐き出す。それはちょうど反対の人間の私たちにとってかなり良い賛辞のようだ。しかし、地球支配に対する人間の探求が増したために、私たちはそのバランスを混乱に投げかけた。

植物は、大気中で浮遊する二酸化炭素を取り込み、それを植物バイオマスに変えることができる。それらの植物が最終的に死ぬと、その有機材料は炭素で満たされた肥沃な土壌に分解される。地球温暖化と気候変動を引き起こして大気中を浮遊していた二酸化炭素は、健全な土壌の成長過程を通じて土壌に戻される。

このシンプルで合理的な解決法の主な問題は、現在の工業的農法が土壌に炭素を蓄積することを促進するものではないということである。多様で豊富な植物バイオマスの成長を促進するのではなく、牧草地の伐採された森林(最も密度の高いバイオマスを持つ生態系)を明確にした。土壌にバイオマスを加えるカバー作物を栽培するのではなく、グリフォセートや他の除草剤を使用して、私たちの単一穀物作物を「脅かす」植物の成長を殺す。

毎年土壌の過度の耕作は土壌から炭素を取り除いて大気に送り出します。農業は、大気から炭素を取り除き、それを土壌に入れる代わりに、温室効果ガス排出の主要な貢献者の1つです。
炭素隔離と炭素耕作とは何ですか?

炭素隔離は、安定した固体形態での炭素の貯蔵を示す、幻想的な科学用語である。言い換えれば、過剰量の大気中に浮遊している二酸化炭素ガスの反対で、炭素隔離は、植物が化学反応を起こして炭酸ガスをカルシウムやマグネシウムなどの無機化合物に変えるときに発生する。

続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする

Vol.165「健康な土壌微生物と健康的な人々」

「地中の微生物群集は、私たち人間の内臓と同じくらい重要」だという事を・・・

私たちは、人間の健康を考える方法において「命」について多くのことを学んでいる。私たちの腸、口、鼻の経路、およびその他の「生」の微生物の健康と密接に関連している。2016年の夏、国立衛生研究所のヒューマン・マイクロバイオ・プロジェクト(Human Microbiome Project)の5年間の成果を発表されたことで、私たちは自分自身を「超微生物」と考えなければならないと言う。私たちにサービスを提供し、私たち自身の人間の細胞を10対1よりも多くしている。 初めて、高効率で低コストの遺伝子シーケンシング(DNAを構成するヌクレオチドの結合順序(塩基配列)を決定することである。 DNAは生物の遺伝情報のほとんど全てを担う分子であり、基本的には塩基配列の形で符号化されている・・)を行うことができたために、健康なヒトの正常な微生物構成アップは、細菌、真菌、単細胞古細菌、およびウイルス。 集合的に彼らの体重は約3ポンドで、私たちの脳と同じ重さになる。

現在、微生物が私たちの健康にとって不可欠なものであるというこの配列マップを持っているために、多くの人が、伝統的な病気に焦点を当てることなく、標的微生物種(「プロバイオティクス」)と治療薬 食品( 「プレバイオティック」- 微生物のための食物=腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを調整し、人の身体に有益な働きをしてくれる生きた微生物のことです)を腸の 「共同体」に移す事が出来るようになった。ヒューマン・マイクロバイオ・プロジェクトの科学者は、「ヒト微生物のメンバーとそれらが産生する化学物質の遺伝情報を含む21世紀の薬剤」の開発を中核的な成果として設定している。

要するに、我々が摂取する未来の薬は、友好的な病原菌と彼らが食べたい食物でいっぱいになる。

地球上の70億人の人々にとって、持続可能で健康的な未来のために最大のレバレッジポイント(leverage point=つながりをたどっていけば、一見問題から遠く離れても、つながりをたどって解決策になるようなポイントを見つけることができる意味。)は、間違いなくただちに足元を踏み出す。

しかし、小さな生物の理解にもとづいて、人間の健康にも大きな革命が起こっている。それは同じ技術的進歩によって推進され、人間の腸内ではなく、別の暗い場所、すなわち土壌において、微生物との我々の協力関係を理解し​​復元することを可能にする。

抗生物質や高度に加工された食品の過剰使用により、人間の腸内の重大な微生物を無意識に破壊したのと同じように、特定の化学肥料、殺菌剤、除草剤、殺虫剤、十分な有機物を加えられなかったことにより植物の健康に不可欠な土壌微生物を壊滅させた(それらが餌を食べる)、および重い耕作地。これらの土壌微生物 – 特にバクテリアと真菌 は、植物、農作物、食物の源、そして最終的には健康への栄養素と水を循環させる。土壌の細菌や真菌は植物の「胃」として役立つ。それらは、植物の細胞が同化できる形態で窒素、リン、および他の多くの栄養素を提供する、植物の根との共生関係を形成し、栄養素を「消化する」。

関連画像

ガラスの箱に栽培された小さな松の木は、細かく枝分かれした細かく枝分かれした糸または “根”に付着して植物に栄養を与える “菌糸体”のレベルを明らかにします。David Read

続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする

Vol.164「有機食品と農業の再生と文明 」

再生 – 基本的には文字通り、「再び生きること」や「再び生かすこと」を広く指している。新鮮な生命または活力を与える。 再編成する。 道徳的な性質を再現する。 再び生まれる原因となる。

何かの本で読んだ記憶の中で、ある記者が「マハトマ・ガンジー(Mahatma Gandhi)」に西洋文明のことを尋ねたところ、彼は「良い考えだと思う」と一言話したという。

有機的、気候的、環境的、社会的正義と平和活動家たちが増えつつある今日、世界中の大災害から我々を救う可能性のある新しい世界に変化するパラダイムが推進されている。こ の新しいパラダイム運動の名称は「再生農業」と言うより、正確には「再生食品と農業と土地利用」である。僕も「良い考えだと思う」。

「Regeneration: The Next Stage of Organic Food and Farming—And Civilization」の画像検索結果

続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする

Vol.163「栄養崩壊」

「偉大な 栄養 崩壊」雰囲気は、文字通り、私たちが食べる食べ物を悪化させている。そして、ほとんど誰も注意を払っていない。私たちが元気に生活するためには食事からエネルギーを得ると同時に、エネルギーに変えたり、からだの調子をととのえる栄養素が必要になる。その働きや性質から、たんぱく質、脂質、炭水化物、無機質、ビタミンの5種類に分けられ、これを「五大栄養素」と言う。

何故、こんな話になるのかと言うと、園芸作物の1950年から1999年までのUSDAの食品組成データの変化を調べているうちに、生物学者のロラゼ(Loladze)と言う人物に行きついた事である。

関連画像

彼の論文よると、動物プランクトンは、世界の海洋や湖沼に浮かぶ微生物であり、食べ物のためには基本的には小さな植物である藻類に頼っていると言う。科学者たちは、より多くの光を当てることによって藻類をより早く育てることができることを発見した。動物プランクトンの食糧供給を増やした。しかし、それはうまくいかなかった。研究者たちが藻類をより明るく照らすと、藻類はより速く成長し、小さな動物はたくさん食べていた、ある時点で生き残るために苦労し始め、これはパラドックスで、より多くの食糧はより多くの成長につながるはずが、どのように多くの藻類が問題になるか。で、あったようだ。

植物は光と二酸化炭素の両方に頼って成長する。 より明るい光を放つと栄養価の低い栄養価の高い藻類、ジャンクフード藻類が急速に成長すると、二酸化炭素を増加させると同じ効果が期待できるのは当然のようで。 また、地球上の植物の中で遊ぶこともできる。人々が食べる植物はどういう意味なのかである。?

続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする

Vol.162「土と微生物」

私たちの大部分は、微生物を厄介な病原菌として考えてきた。しかし、科学は近年、微生物世界の見解を変え始めている。「微生物」とは、肉眼で見るには小さすぎる微生物と細菌である。何世紀にもわたって、私たちの生活の中でそれらを浄化しようとすると、人間の微生物 – 私たちの中に住む微生物のコミュニティ が今や激怒しているようである。それでも、微生物を「良い」と呼ぶことはできないと主張する人もいる。それは、あまりにもナンセンスである。

もちろん、誰も微生物が道徳的に正義になるとは考えていないだろう。それらは意図がな い- 良いか悪いかである。しかし、特定の微生物群集が私たちの個体の健康と作物にとって不可欠であることが急速に明らかになっているとしたら、それらのほとんどは私たちに利益をもたらすか、ほとんどの場合害を与えないだろう。

この新たな実現は、人類の本質的かつ象徴的な取り組みの2つ、すなわち医学と農業の中心にある実践の発見と継続的な再評価を推進することだと研究チームは言う。 私たちの微生物のメンバー、特に腸内に住む同志は、病気の原因となる事を守るだけでなく、必要な多くの化合物を作る。が、私たち自身の体は作ることができない。 酪酸塩はそのような化合物のひとつであり、安定した供給がなければ、結腸の細胞が機能不全になり、他の病気の中でも特定の癌および漏出性腸症候群につながる可能性があると聞く。

神経伝達物質のセロトニンは、微生物が産生するもう一つの化合物で、 不十分なレベルでは、私たちは気分が悪くなる。

微生物の世界を逃れることはできません。Exile on Ontario St, CC BY-SA

続きを読む

カテゴリー: 都市環境 | コメントする